すイエんサー

bungusptitle.jpg

あさこさん、だいすけさん、ゲストのテツandトモさんと一緒に、文具に関する「なんでだろう~」を解決しました!


★ボールペンのお困りごと★

インクがいっぱいあるのにボールペンの文字がかすれちゃう!そんなときは、ペン先の逆側を持って何度もふると書けるようになることがあるよ!

<解説>
ボールペンはペン先の小さなボールが回ることでインクが出て文字が書ける。書けなくなる理由の1つがペン先を上向きにして書いたりすることでペン先とインクの間に空気が入ること。一度空気が入るとペン先を下にしてもインクは出にくいまま。文字がかすれてしまう。
bungusp1.png

ボールペンをふることで中に入った空気が遠心力で押し出されて、また書けるようになる!


★消しゴムのお困りごと★

消しゴムで紙がグシャッとなっちゃう!そんなときは、紙を押さえる手の親指と人差し指でL字を作り、その三角形の中で文字を消すと紙がグシャッとなりにくい!
bungusp2.png

 3点で押さえることで、紙にかかる力が分散されて破れにくくなるんだ。

<消しゴムの力の入れ方のポイント>
消しゴムは軽くこするのがおすすめ!紙に文字が書けるのは、紙の繊維に小さなえんぴつの粉がつくため。消しゴムはそのえんぴつの粉を紙の繊維からからめとっている。だから力を入れずに優しくこすっても、えんぴつの粉はからめ取れるし紙もグシャッとなりにくいんだ。
bungusp3.png

<消し方のポイント>
消しゴムを使うときは大きく動かすのではなく、“角を使って”小刻みに動かすとさらにグシャッとなりにくいよ。角を使うとこすれる面が小さくなり摩擦が減るため。角で消しやすい、角がいっぱいある消しゴムや厚さが薄い消しゴムなども売られているよ。


★ハサミのお困りごと★

ハサミを使い続けていたら切れにくくなった!そんなときは刃と刃の間のすき間を調節すると切れるようになることがあるよ!
bungusp4.png

<解説>
ハサミは少しだけずれた2本の刃で上下から同じ力を加わえることで紙の断面がずれて切れる。この力を「せんだん力」という。刃が鋭くないプラスチックのハサミでも切れるのはこの力が働くから。でも刃と刃のすき間が開きすぎていると鋭い刃でも切れにくくなっちゃうんだ。刃と刃のすき間を調整ができるハサミの場合、すき間を狭くすると、また切れるようになることがあるよ。
bungusp5.png


★キレイな円をかきたいのコンパスがないときの解決方法★

<使うもの>
クリップ
ボールペン2本
セロハンテープ

<やりかた>
クリップを1回広げてS字のかたちにする。
bungusp6.pngのサムネイル画像

紙をセロハンテープで固定する。ボールペン1本で真ん中をおさえる。S字の端っこにもう1本ペンをおいて、ぐるっとかくと円がかける。
bungusp7.pngのサムネイル画像

クリップの数を増やすともっと大きな円がかけるよ。
bungusp8.png


ぜひやってみてね~!

その他のワザ なんで?のカガク これまでのワザ

固定リンク | コメント(3)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

いつも楽しく拝見しています
昔やっていたことを思い出したり!

投稿者 : たかし

コンパスがなくても円が描けるのでびっくりしました。
これだとテストの時に忘れても問題はないですね!

投稿者 : みする

また今度やってみようと思った。
なぜかと言うと学校でクリップを持っていたら使えるし、やさしくこすったり、Lを作ったりするときれいに消せるのでいいと思った。

投稿者 : みく

コメントを書く

Page Top