すイエんサー

mukashiasobisptitle.jpg

ゲストの厚切りジェイソンさんと一緒に「コマ」「メンコ」に挑戦!初心者でも簡単にできるスゴ技や極意をご紹介!


コマ編

★ひもの巻き方★

  1. 上のしん棒にひもの結び目をひっかける。
    mukashiasobisp1.png

  2. コマを横にして持つ。下のしん棒に2~3回、時計回りにひもを巻く。
    mukashiasobisp2.png

  3. しん棒の根元でひもをしっかりとめる。外側に少しひっぱりながら、最初はしっかりだんだんやさしく巻いていく。
    mukashiasobisp3.png

 

★コマの持ち方★
ひもを小指と薬指ではさむ。ひもがゆるまないように、人さし指と親指でコマを持つ。
mukashiasobisp4.png

★投げ方のコツ★

≪初級者編≫
ポイントはうでをのばして投げること。うでをふり「ゆらゆらポン!」のかけ声で投げるのがオススメ!

≪回転力UP編≫
“さくらんぼ”などのスゴ技に挑戦するときは、ポンの部分(うでの最後の一振り)だけをはやくふってコマを投げる。すると回転力がアップして、いろいろなスゴ技が成功しやすくなる。オススメのかけ声は「ゆらゆらシュッ!」
mukashiasobisp5.png

なぜうでをのばして投げるの?
初心者の場合、うでを曲げて投げるとコマが横になってしまいやすいため、うまく回らない。うでをまっすぐにして投げるとコマはそのまま、まっすぐ下に落ちて回ってくれる。
mukashiasobisp6.png

★スゴ技“さくらんぼ”のやり方★

  1. 「ゆらゆらシュッ!」でコマを2つ、近くで回す。
    ※1人で2つのコマを回すのが難しいときは、1つは友だちに回してもらうといいよ!

  2. 2つのコマをひもで囲む。
    mukashiasobisp7.png

  3. ひもの交差している側が自分の方(手前)にあるときに、ひもを持ち上げる。
    mukashiasobisp8.png

  4. すると2つのコマが空中で、2つつながった“さくらんぼ”のような形で回ってくれる。
    mukashiasobisp9.png

メンコ編

床の置いたメンコをうらがえすには、打ちつけるメンコをまっすぐ落として上手に風を起こすことが大事。並んでいるメンコから5センチくらいの位置に落とすように意識するとメンコが風でうらがえりやすくなる。
mukashiasobisp10.png

なぜ風でメンコがうらがえる?
投げたメンコが地面との間の空気を押すと風が起きる。その風で床のメンコをうらがえしているんだ。
mukashiasobisp11.png

★手作りメンコの作り方★
お菓子の空き箱の厚紙やボール紙、コピー用紙などでもOK!たて6センチ×横3センチぐらいの紙を何枚かのりではり合わせて厚さを1ミリぐらいにする。表と裏に好きなイラストをかいたら完成!
※何枚もメンコを作るときは厚さ(重ねる紙の枚数)をそろえてね!厚さが違うメンコどうしでやるとうらがえしにくいことがあります。

達人のオススメは紙でできた卵のケースや新聞紙をはりあわせたメンコ。ぜひ自分で作って、メンコに挑戦してみてね!


コマとメンコ、ぜひ遊んでみてね~!

人気者になるワザ これまでのワザ

固定リンク | コメント(1)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

先日メンコの放送がありましたけど メンコを打ち込む位置も大切ですが メンコの近くに置いた名人の右脚の位置にも注目して欲しかったですね。あの右脚はメンコを裏返す意味でも重要な役割りを果たしていますよ。
 昔は メンコの角や真ん中を折って相手のメンコを突き飛ばしてひっくり返すやり方もやっていましたよ。
昔は 丸いのやもっと大きなメンコでも遊んでいました。
 昔を思い出して 半世紀以上も前の場面が蘇りました^_^ありがとうございました(^^)

投稿者 : 恒松佳實

コメントを書く

Page Top