すイエんサー

zikosyoukaiirasuto.jpg

入学やクラスがえなどの時に行う「自己紹介」
小学生にアンケートをとったところ20人中17人が苦手と回答。
緊張しちゃう・大きな声が出せない・何を話していいかわからない
そんな自己紹介を克服する方法をご紹介!


★緊張しても「ルーティン」で普段通り★

緊張していても、自分で決めた動作「ルーティン」を行うとふだん通りの力が出せるようになる。ルーティンは言葉・動作のどちらでもOK!

野球のイチロー選手がバッターボックスで必ずやっているバットを前に出してそでを上げるしぐさ。これは大勢の観客の前でもふだん通りの力が出せるようにやっているルーティン。過去に成功したことを思い出せる動作など(ルーティン)を決め、それを毎回することで緊張しても力が発揮できるようになるんだ。
zikosyoukai1.png


★「リップロール」で大きくハキハキした声★

聞こえやすい大きな声を出すには、本番前にくちびるをブルブルふるわせる「リップロール」がオススメ。
リップロールをすることで口のまわりの筋肉がほぐれて自然とハキハキとしゃべれるようになる。胸の横隔膜のウォーミングアップにもなり、自然と張りのある声が出せるようになるよ。

≪リップロールのやり方≫
①鼻から息を吸い込み
②唇をとがらせておなかから息を吐き出しながらくちびるをブルブルさせる。
これをがんばって30秒ぐらい続ける。
リップロールはマスクをしたままでもOK!
zikosyoukai2.png


★何を話すか「お品書き」を作る★

自己紹介をする前に話す内容をまとめた「お品書き」を作るのがおすすめ。内容は自分の名前、好きなもの、得意な科目など3つほど。文章ではなく項目だてて書くと自分の言葉で話すことができる。

話す内容が短すぎると印象が残りにくい。できるだけ具体的なことを書くようにするのがおすすめ。
例えば、自分の好きな教科を言うなら、「好きな教科は体育です」よりも、「好きな教科は体育で、サッカーはリフティングが100回できます」など、具体的な情報を入れると相手により強い印象が残るよ。
zikosyoukai3.png


ぜひやってみてね~!

人気者になるワザ これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

コメントを書く

Page Top