すイエんサー

mattotobibakoSPtitle.jpg

ゲストの峯岸みなみさん、りんごちゃんと一緒に「マット運動」「とび箱」に挑戦!苦手な子はできるように、得意な子はもっと上手になるポイントをご紹介!


★マット運動:前転のポイント★

前転はおへそを見るようにしながら回る。体がまん丸になって、回りやすくなる。
mattotobibakoSP1.png

おしりとかかとの位置を近づける。
mattotobibakoSP2.png

※注意※おうちでやるときは安全に十分注意して、おとなと一緒に、やわらかいマットの上で行ってください。


★マット運動:後転のポイント★

後転は背中を丸くすることがポイント。「ネコ背」の姿勢を意識すると体全体が丸くなって回りやすくなる。
mattotobibakoSP3.png

≪ネコ背で転がる練習≫
足を抱えて頭を体の中にいれて、「転がって戻る」を繰り返す。お尻が上を向くまで回るのがポイント!怖がらずに勢いよく後転する練習になる。
mattotobibakoSP4.png

後転で回れたら、次は「アゲアゲのポーズ」
転がってからアゲアゲのポーズで、手で床を押せばしっかり回って立ち上がりやすくなるよ。

※注意※おうちでやるときは安全に十分注意して、おとなと一緒に、やわらかいマットの上で行ってください。


★とび箱:開脚とびのポイント★

とび箱は手を遠くにつく。
mattotobibakoSP5.png

ついた手をおしりがとび越すことを意識する。
mattotobibakoSP6.png

≪低い台やイスをつかった練習≫
苦手な子は低い台やイスで80センチをとぶ練習がおすすめ。80センチは小学生向けの小型のとび箱と同じ長さ。
mattotobibakoSP7.png

とべる子は踏み切る足の位置を遠くにして練習すると、より高い段数をとべるようになるよ。
mattotobibakoSP8.png

※注意※とび箱の練習をするときは必ずおとなと一緒に、安全に十分注意して行ってください。


★とび箱:台上前転のポイント★

とび箱は前にとぶけど、台上前転は「上にとぶ」&「とび箱に手をついたら下に押す」意識で。そしてお尻を高く上げるようにすると、とび箱の上でうまく回ることができる。
mattotobibakoSP9.png

難しいひとはとび箱の段を一番低くして、その上で前転。じょじょに段数をあげて、お尻を高く上げるジャンプに慣れさせていこう。

※注意※とび箱の台上前転の練習をするときは必ずおとなと一緒に、安全に十分注意して行ってください。


やってみてね~!

スポーツ、運動 これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる

jellytitle.png

今回のテーマはゼリー!”瞬間フルーツゼリー”や”魔法の2層ゼリー”、”ケーキにゼリーでかわいい絵をかく技”をご紹介!

“ゼリー”っていったい何?
お店で売っている“ゼリーの素(もと)”のおもな原料はゼラチン。牛や豚の骨のコラーゲンなどから作ったもの。ゼラチンの特徴は、温度が約60℃以上で液体に溶けて15℃くらいに冷やすとゼリー状に固まること。ゼラチンで作るゼリーは、ふつうは冷蔵庫で2時間ほど冷やさないと固まらない。
でも、すイエんサー流ならゼリーが5分でできちゃう!


★”5分で瞬間ゼリー”★

*材料*

ジュース 250ml(番組ではオレンジジュースを使用)
粉ゼラチン 5g
氷 5個くらい

*作り方*

  1. 鍋の中にオレンジジュースを入れて中火で加熱する。小さな気泡が出てくるまで温める。

  2. 小さな気泡が出てきたら、火を止めて、ゼラチンを入れてよくかき混ぜる。

  3. そのまま置いて常温になったらゼリー液に氷を入れてかき混ぜると、だんだんトロッとしてくる。
    jelly1.png

  4. 固まったら完成!
    jelly2.png

なぜ氷を入れると早く固まったの?
冷蔵庫で冷やす場合、容器のまわりからじっくり冷えていくので、ゼラチンが固まる15℃くらいまで下がるのに時間がかかってしまう。でも氷を入れると、氷のまわりの温度がすぐに下がるから固まってくる。かき混ぜるとそれが繰り返されて、5分ぐらいで全体がぷるぷるのゼリーができるんだ。
jelly3.png

★応用編:”瞬間フルーツゼリー”★

*材料*

凍らせたフルーツ
砂糖水 適量
粉ゼラチン 5g

ゼラチンを溶かした砂糖水に凍らせたフルーツを入れて5分おくだけで、外側がぷるぷるのフルーツゼリーができる。
jelly4.png


★”魔法の2層ゼリー”★

*材料*(2~3人分)

ジュース 200ml(番組ではぶどうジュースを使用)
粉ゼラチン 5g
生クリーム 50ml

*作り方*

  1. 粉ゼラチンを加熱したジュースに入れて溶かす。

  2. 生クリームを入れて、よくかき混ぜる。ぶどうジュースの場合はちょっと灰色っぽい液体ができる。

  3. 冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やすと、自然と2層に分かれて、2層ゼリーの完成!
    jelly5.png

どうして自然に2層になったの?
生クリームには「カゼイン」というタンパク質が含まれている。カゼインは、ゼリー液に入れるとフルーツの酸とくっついて分離する。そして軽いから上に集まって自然と2層になるんだ。ポイントは、ぶどうやオレンジなどの酸の強いジュースを使うこと。みんなもやってみてね。
jelly6.png


★ゼリーでケーキにかわいい絵をかこう★

  1. まな板などの上に紙にかいた見本の絵をのせる。その絵の上にクッキングシートをのせて、チョコレートペンなどでなぞる。
    !ポイント!細い線だと、ケーキに移すときに割れてしまう。ちょっと太めに厚みを出すと割れずに移すことができる。
    jelly7.png

  2. なぞり終えたら、チョコレートを10分ほど冷蔵庫に入れて固める。

  3. チョコレートが固まったら、折れないようにヘラなどで慎重にクッキングシートからはがして、ケーキの上にのせる。
    jelly8.png

  4. ケーキにチョコレートの絵をのせたらゼリーで色付け。市販のゼリーをカップなどから出して、電子レンジ(500ワット)で1分ほど温めると、溶けてゼリー液になる。
    ※注意※ゼリーは必ずカップなどから出して器などに入れてレンジにかけてください!また、やけどをしないように十分に注意してください!
    jelly9.png

  5. ゼリー液はスポイトを使って慎重にチョコレートの枠の中に流し込む。
    jelly10.png

  6. 固まったら完成!
    jelly11.png

みんなも家族やお友達の誕生日などに、ぜひ作ってみてね!

スイーツ これまでのワザ

固定リンク | コメント(7)

  • 友達にメールで知らせる

otomanetitle.png

今回は「動物の鳴きマネ」「鉄道の音マネ」に挑戦!上手にできるようになるカギは、動物が鳴き声を出す仕組みや鉄道のすごい技術にある!?。楽しくてためになる音マネの深い世界をご紹介!


*動物鳴きマネ入門編:イヌ*

<イヌの鳴きマネのコツ>
初心者は、ノドを意識するとうまくできる。人間はノドの声帯に空気を当てて作った音を舌と唇を上手に使って言葉にしている。でも動物は、ノドで作り出した音をそのまま鳴き声にしている場合が多い。だから声でマネするのではなく、ノドを意識することが大切。
otomane1.png

【達人が伝授!イヌの鳴きマネ3つのポイント】
ポイント①「オ」の口の形で「ワ」と発音すること。
ポイント②「強く」「短く」鳴くこと。
ポイント③ ノドをしめて声をにごらせる。首の筋肉を少ししめる感じでやるといいよ!


*動物鳴きマネ応用編:トノサマガエル*
トノサマガエルは、フクロを響かせて大きな鳴き声を出している。

  1. 手を軽くにぎって、真ん中にほんの少し空間を作る。
    otomane2.png

  2. リップロールをする感覚で強く息を吹きこむ。グーの内側に息がぶつかって響くことでカエルのような音が出る。うまく出ないときは空間の広さを調節してみてね。さらに達人は、反対の手で音をさえぎったりすることで、響きを調節している。
    otomane3.png

*鉄道音マネ*

 <レールの音をうまく出すコツ>
電車が走っているときに聞こえるレールの音を出すには、「ガタンゴトン」とハッキリ言わないようにする。「ウ」の口をしながら「カ」と言う。クックックッ、クックックッ、という感じで音を出すとリアルに聞こえる。

★なぜガタンゴトンという音が出るの?★
ガタンゴトンは、レールのつなぎ目の上を車輪が通ったときに出る音。山手線のレールは、短いと20メートルくらいなのでガタンゴトンとなる。一方、新幹線はロングレールといわれる長いレールをたくさん使ってつなぎ目を少なくしているため、ほとんどガタンゴトンという音がしない。

<車掌さんや駅員さんのアナウンスの声と似せるコツ>
鼻が震えるように話すこと。車掌さんや駅員さんがよくするようなしゃべり声を鼻音(びおん)という。人は普段、音を口から出しているけど、その音を鼻からも出すと鼻腔(びくう)という広い空間が響いてより太い声が出せる。
otomane4.png

★なぜ車掌さんや駅員さんは似たような声を出す人が多いの?★
うるさい駅や電車の中では、鼻音を使った声のほうが、聞こえやすいといわれている。昔はマイクやスピーカーの性能が悪く、普通に話すと聞こえにくかったため、この鼻音を使った独特の声が始まり、それを今も使っている車掌さんや駅員さんが多いからでは?ともいわれている。


ぜひ、挑戦してみてね!

人気者になるワザ カガクで遊ぼう これまでのワザ

固定リンク | コメント(2)

  • 友達にメールで知らせる
Page Top