すイエんサー

bousaititle.png

9月1日は「防災の日」。今回は「知っていると役に立つ防災用品のワザ」を3つご紹介!
①期限が切れる前に!非常食をおいしく入れかえちゃうワザ
②停電時、懐中電灯と“あるもの”で食卓全体を明るくするワザ
③電気やガスを使わずにカップめんを食べるワザ


①非常食をおいしく入れかえちゃうワザ

非常食を消費期限・賞味期限切れ前に食べて、新しいものに入れかえていくことを「ローリングストック」といいます。今回は期限切れ前の乾パンをおいしく食べるレシピをご紹介!

*乾パンティラミス*

★材料★(ひとり分)

乾パン 12個
コーヒー 100ml
生クリーム 90ml
砂糖 30g
マスカルポーネチーズ 100g
ココアパウダー 適量

・コーヒーは温めておくと早く乾パンにしみこむ。
・マスカルポーネチーズは室温でやわらかくしておく。
・今回は底が15cm×15cm、高さ7cmの容器を使いました。

★作り方★

  1. 乾パンを容器にそのまま並べる。
  2. 乾パンにコーヒーをかける。だんだんコーヒーを吸ってやわらかくなる!
    kanpan1.png

  3. ボウルに生クリームと砂糖を入れて、少しとろみがつくまで混ぜたらマスカルポーネチーズを加える(まんべんなく混ぜ合わせればOK)
  4. 乾パンの上にクリームをのせて、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
  5. 仕上げにココアパウダーをかけて完成!
    kanpan2.png

*乾パンはそのまま並べる*
乾パンは水分量がとても少なく、すき間がたくさん空いているので、そのままコーヒーをかけると水分を吸ってしっとりする。するとティラミスのような食感になる。乾パンを砕いてしまうと、やわらかくはなるけど断片がばらばらの大きさになり、少し食感が悪くなってしまうよ。
kanpan3.png


他にも、乾パンを使ったアレンジレシピをご紹介!

*乾パンピザ*

★材料★(ひとり分)

乾パン 20個(約50g)
ピザソース 大さじ2
サラミ 10g
ピーマン 1個
チーズ 30g

★作り方★

  1. オーブントースターの受け皿に耐熱のクッキングシートやアルミホイルを敷き、乾パンをすき間なく並べる。
  2. ピザソース、チーズ、細かく切ったお好みの具材をのせて3分ほど焼く。チーズがとけてきたら完成!
    kanpan4.png

②懐中電灯と“あるもの”で食卓全体を明るくするワザ

停電してしまったときは明かりがほしいけど、懐中電灯では一部しか照らせない・・・。そんなときは、懐中電灯の上にスポーツドリンクをのせると明るく照らすことができる!
teiden1.png

 *なぜ明るくなるの?*
スポーツドリンクには糖など、分子の大きな物質が入っていて、光が当たると光があちこちに散らばる(散乱する)。ペットボトル全体で散乱が起きることで、ランタンのように輝いて見えるんだ。
teiden2.png

ちなみに、ただの水は光を散乱させる物質が入っていないから、スポーツドリンクのように光らない。
teiden3.png

懐中電灯が小さいときはコップなどの中に入れて、その上にペットボトルをおくと安定するよ。
teiden4.png


③電気やガスを使わずにカップめんを食べるワザ

電気やガスが使えない非常時、インスタントのカップめん(乾めんタイプ)は水でも食べることができる!水を入れて40分ほどおくと・・・やわらかくなった!
noodle1.png

*なぜ水を入れても食べることができるの?*
インスタントの乾めんタイプのカップめんは、特殊な方法でめんを乾燥させていて、水分を吸うと元のやわらかさに戻る。お湯のように温度が高いとき、水の分子は活発に動いていて、素早くめんの中まで入っていける。一方、温度が低いときは分子があまり動いていないから、ゆっくりめんの中に入っていく。だから、水でも長い時間おけば、めんに水分が入りこみ、やわらかくなる。
noodle2.PNG


みなさんも非常時の備えを忘れずにね!

料理 スイーツ その他のワザ これまでのワザ

固定リンク | コメント(1)

  • 友達にメールで知らせる

yataititle.png

チョコバナナ・ふわふわかき氷・フルーツあめ!お祭り屋台のスイーツをおうちでつくっちゃおう


★パリパリチョコバナナの作り方★

*材料*
板チョコレート
バナナ
チョコスプレー(製菓コーナーなどで売っています)
※今回は、分量は多めの板チョコレート5枚を使用しました。

*作り方*

  1. 板チョコレートをきざむ。
  2. きざんだチョコレートを40℃くらいのぬるめのお湯を使って湯せんでとかす。
  3. とけたチョコレートをバナナにつける。(先にバナナに割りばしを刺しておく)
  4. チョコレートをつけたバナナにチョコスプレーをかける。
  5. 部屋の中において15分ほど待つと、パリパリチョコバナナの完成!
    chocobanana1.png


*注意点・アドバイス*
・電子レンジや鍋に入れて加熱してもチョコレートはとけますが温度調節が難しいので、慣れていない人は温度計ではかったお湯(40℃ぐらい)を使うのがおすすめです。
・チョコレートをとかすときにお湯がチョコレートの中に入らないようにしてください。お湯が入ってしまうとパリパリのチョコバナナになりません。

なぜぬるい40℃ほどのお湯を使ってチョコレートをとかすのか
固まっているチョコレートはカカオ・砂糖・脂が規則正しく並んでいる。チョコレートをとかしていくと3つが徐々に離れていく。60℃を超えると脂が分離し、冷めてもパリパリには固まらない。40℃くらいのぬるいお湯だと脂が分離しないので、冷ますとパリパリになる。
chocobanana2.png

★チョコバナナを立てる台の作り方★

*材料*
2リットルのペットボトルの容器 1本
クッキングシート

*台の作り方*

  1. 2リットルのペットボトルに半分水を入れて、横にしたら十字に切り込みを入れる。※手を切らないように注意!
    chocobanana3.png

  2. そこにクッキングシートをかぶせれば完成!
    chocobanana4.png

★ふわふわかき氷の作り方★

*材料*
水 100ミリリットル
砂糖 10グラム
カキ氷用のシロップ

*アドバイス*
・ふわふわになる氷のレシピは、水10に対して砂糖1がオススメです。
・氷自体の甘さはシロップをかけるとほとんど気になりません。

*作り方*

  1. かき氷器用の製氷皿に水と砂糖を入れて混ぜる。
  2. その製氷皿を冷凍庫に入れて凍らせる。
  3. 氷ができたら、冷凍庫から取り出してかき氷器で氷を削る。
  4. お好みでシロップをかけて完成!
    kakigoori1.png

なぜ砂糖を入れて氷を作るとふわふわになるのか
おうちの冷凍庫で普通に作った氷の結晶は並びがバラバラ。だから、削るときにガリガリしてしまう。でも砂糖を入れると氷の結晶の向きがそろう。そのため、削りやすくなってふわふわになる。
kakigoori2.png


★ツヤツヤフルーツあめの作り方★

*材料*
くだもの(いちご、みかん、ぶどう、ブルーベリーなど)
水 100ミリリットル
砂糖 400グラム
(酢 10ミリリットル)※酢を入れるとあめがきれいになります。
※今回は砂糖は少し多めの400グラムを使用しました。

*作り方*

  1. 鍋に水と砂糖を入れてよくとかす。
  2. 160℃になるまで、中火でかき回さずに加熱する。酢を入れる場合は火にかける前に入れる。
    ※温度計で必ず温度をはかってください!160℃ちょうどになるまで加熱しないとあめが固まらなかったりしてうまくいきません。また、加熱している最中は、ぜったいにかき回さないでください。
  3. 火を止めてあめが固まる前にすばやくフルーツをあめにつける。(先にフルーツに串を刺しておく)
  4. クッキングシートの上において10分ほど待てば完成!
    fruitcandy1.png


 *注意点・アドバイス*

水分が表面に出ているフルーツ(切ったパイナップル、キウイフルーツ、ももなど)であめを作るときは、そのままだとフルーツにあめがつかずに失敗してしまいます。キッチンペーパーにくるんで1時間、しっかり水分をとってください。そうするとあめがつきやすくなります。
fruitcandy2.png

・冷蔵庫から出してすぐに作ると、結露の水分であめがつきにくくなってしまいます。常温にしてからあめをつけてください。
・簡単で失敗しにくいのは皮付きで食べられるフルーツです。
・あめはかなり熱くなるため、作るときや後処理のときに、やけどに注意してください。

なぜ水分があるとあめはくっつかないのか
いちごのように表面に水分が出ていないフルーツでは、砂糖の結晶の角がフルーツにひっかかってあめの塊がくっつく。でもカットフルーツのように表面に水分がたくさんあると結晶の角がとけてしまい、あめがくっつくことができなくなってしまうんだ。
fruitcandy3.png


ぜひつくってみてね~!
yataidaiseiko.png

スイーツ これまでのワザ

固定リンク | コメント(6)

  • 友達にメールで知らせる
Page Top