すイエんサー

2021年04月27日(火) おうちで魔法スペシャル

mahousptitle.jpg

ゲストのテツandトモさんが「なんでだろう~?」と思っちゃう“科学魔法に挑戦!

「袋から水がもれない魔法」「風船が割れない魔法」「封筒の中を透視する魔法」はこちらのブログで紹介しています!
ビックリ魔法をマスターしよう!割れない風船・透視など


風船が割れない魔法~応用編~
先がとがったほうを上向きにして、ねん土に刺したつまようじの束。そこに上から風船を押しつけても・・・割れない!!
huusenwarenaisp1.png

★魔法のヒミツ★
つまようじが少ないと、風船が当たる1か所に大きな力が集中してしまい、耐えきれずに割れてしまう。でも風船に当たるつまようじが増えると、押しつける力が分散される。だから、1本1本にかかる力が小さくなって割れにくくなるってワケ。
huusenwarenaisp2.png


 水の中でイラストが消える魔法
紙に「火」、透明な袋に「ろうそく」のイラストをかく。
irasutokieru1.png
紙を透明な袋に入れると、見た目は「火がついたろうそく」のイラストになる。
irasutokieru2.png
その袋を水の中に入れると・・・「火」が消えた!?
irasutokieru3.png

★魔法のヒミツ★

ポイントは、水の中に入れたイラストをななめ方向から見ること。すると紙にかいたイラストだけが見えなくなっちゃう!その理由は、ななめからの光は袋の中の空気と水の境目で反射して曲がってしまう。そのため、袋の中のイラストまで光が届かなくなり、紙にかいたイラストだけが見えなくなるってワケ。
irasutokieru6.png


ぜひためしてみてね~!

カガクで遊ぼう これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる

senbeititle.png

今回はせんべい作りに挑戦!
残りごはん・ギョーザや春巻きの皮がせんべいに大変身!おうちで本格せんべい作りも!さらにかわいいデコレーションもご紹介!


「残りごはんでサクサクせんべい」の作り方

*材料*(1枚分の目安)
・残りごはん 10g 
・ごま油 小さじ1/2
※サラダ油でもOK!ごま油だと風味がよくなります。
・味付け 塩、みそ、しょうゆなど少々

*作り方*
1.ご飯をラップで包み、平らにつぶして直径6センチほどにする。
2.フライパンにごま油をひく。
3.弱火で軽くこげ目がつくまで焼く。目安は片面3分。味をつけたら完成!
nokorigohansenbei.png


残りごはんを使ったせんべい作りにフライパンがいい理由は?

オーブントースターは500Wで180℃ほど。水分が多い残りごはんの場合、表面しか焼けずに焼きおにぎりみたいになってしまう。
nokorigohankaisetu1.png

でも、油を使ってフライパンで焼くと直接、高温でごはんを加熱できる。だから中の水分までとんで、サクサクになったんだ。
nokorigohankaisetu2.png


 ギョーザの皮と春巻きの皮せんべいの作り方

gyouzaharumakisenbai.png

*材料*
・ごま油
・ギョーザの皮
・春巻きの皮

*作り方*
1.春巻きの皮は1/4の大きさに切る。ハサミで好きな形に切ると楽しいよ!ギョーザの皮はやわらかいので、クッキーの型などで形を作れる!
2.フライパンにごま油をひく。
3.中火で焼き色がつくまで片面1分ほど焼く。お好みで塩をふって完成!


本格せんべいの作り方

*材料*(せんべい約5枚分)
・お米の粉 30g ※上新粉がオススメ
・水 30ml ※50℃くらいのお湯がオススメ

*作り方*
1.上新粉と水を混ぜる。
★マグカップに入れると混ぜやすいよ!

2.水っぽさがなくなったらラップで包んで手でこねて、ひとまとめにする。

3.電子レンジ500Wで1分加熱する。
※温め過ぎないよう注意!かたい部分ができると失敗してしまいます。

4.電子レンジから取り出し、ラップの上から20回ほどこねる。
※生地は熱いので、やけどに注意!手袋やタオルを使ってください。

5.500Wで30秒加熱し、再び20回ほどこねる。その後、さらに500Wで30秒加熱する。

6.できた生地をのばし、ハサミで適当な大きさに切る。平らな面を上にしてラップをのせ、1〜2ミリの薄さに丸くのばす。
★熱いうちにやらないと生地はのびません。オススメは両手鍋で一気につぶした後、のし棒などでさらにのばす。手ばやくやりましょう!
honkakusenbei1.png

7.オーブントースターをカラのまま3分間温める。その後、スイッチを切ってから生地を入れて余熱で10分乾燥させる。10分たったら一度生地をとりだし、オーブントースターをカラのまま再び3分温める。この「余熱で乾燥」を3回繰り返す
honkakusenbei2.png

※時間は目安です。生地を見て乾燥が足りないようであれば時間を追加してください。トースター内を温めすぎると生地が乾燥する前に焼けてしまいます。ふくらんだり、焼けてきたりするようであれば温度が高すぎるので、少し時間を置いてから生地を入れてください。

★乾燥後の生地は半透明っぽくなり、かたくなります。
honkakusenbei3.png

8.乾燥した生地をオーブントースターに入れ、30秒ごとに裏返しながら焼く。途中で生地がふくらんできたらスプーンでつぶして、また焼く。
honkakusenbei4.png

焼き色がついたら完成!お好みで塩をふってもいいし、しょうゆをぬってもOK!
honkakusenbei5.png


せんべいに大切なのは乾燥!

乾燥で生地の水分量は15%ほどに減るんだけどこれが絶対に必要!乾燥前の水分量50%の生地は米のでんぷんが水を多くかこった状態。
senbeikansou1.png

そのまま焼くと水分がたくさんの水蒸気となって大きくふくらみ、壁が破れてぐしゃぐしゃ。パリッとしないかたい食感になってしまう。
senbeikansou2.png

一方、水分量15%ほどの生地は水分が少ないので、焼いても水蒸気がふくらみ過ぎずに壁は破れない。するとたくさん気泡がある状態で焼きかたまり、サクッとした食感になるんだ。
senbeikansou3.png


 すイエんサー流 オススメデコレーション

≪チョコフォンデュせんべい≫
senbeideco1.png

*材料*
・チョコレート 50g
・牛乳 30ml

*作り方*
1.マグカップに細かくしたチョコレート、牛乳を入れる。
2.電子レンジ500Wで1分加熱し、よくかき混ぜてチョコレートをとかす。
3.できたチョコレートにせんべいをつける。チョコスプレーなどをまぶしてもかわいい!
※チョコレートをつけたところからしなしなになるので、作ったらすぐに食べてね!

≪お絵描きせんべい≫
senbeideco2.png

*チョコのペンやマヨネーズ、とかしバターやシロップなどで、せんべいに絵を描く。
*ふりかけるものはチョコスプレーやアラザンなどの製菓材料、ふりかけ、カレー粉、フルーツ顆粒などなんでもOK!

★上にかけるものが甘いもののときは文字や絵はチョコのペンやシロップで描くのがおススメ。しょっぱいもののときはマヨネーズやとかしバターで描くといいよ!


番組冒頭のミニ企画:落ちない十円玉!?

千円札を半分に折って立て、その角に十円玉をのせる。千円札をゆっくり開くと・・・十円玉が落ちない!
juuen.png

やってみてね~!

スイーツ これまでのワザ

固定リンク | コメント(2)

  • 友達にメールで知らせる

shucremtitle.png

外はサクッ、中はふわっとしたシュークリームがおうちで作れる!”夢のようなデコレーション”の技もご紹介!


基本のシュー皮の作り方

*材料*
・ホットケーキミックス(薄力粉でもOK!)50g
・水 100ml
・バター(常温・加塩)50g
・卵(全卵)Mサイズ2つ ※すべては使いません

*作り方*
※時間は目安です。機種によって調整してください。

1.水とバターを500Wで1分30秒加熱する。一度取り出し、よく混ぜてバターをしっかりとかしたら、さらに500Wで30秒温める。
★フツフツとするくらいしっかりとアツアツに!

2.ホットケーキミックスを入れてよく混ぜる。しっかりまとまったら500Wで、さらに30秒温める。

3.卵をといて少しずつ加えて生地のかたさを調整する。
★ちょうどいい生地のかたさの目安は、すくって、たらした時に三角形になること!
shukizi2.png
!注意!
卵はすべてを使いません。卵の量は2つ弱ぐらいが目安です。いっぺんに入れすぎないよう少しずつ卵を加えて調整してください。生地がやわらかすぎても、かたすぎてもシュー生地はふくらみません。

4.鉄板にオーブンシートをしいて、生地をしぼり袋に入れ、直径6センチほどの大きさにしぼり出したら、上から生地に霧吹きで水をかける。

5.190℃で予熱したオーブンレンジで20分焼く。焼き上がりの目安は上のふくらみの亀裂の中まで色が入ったらOK!

6.温度を180℃に下げてさらに15分焼く。とりだせばシュー皮の完成!
shukizi1.png


焼くとシュー生地がふくらむのはどうして?

シュー生地がふくらむのは、生地の水分が加熱によって水蒸気になり、体積が増えていくから。それで、中に空洞ができるんだけど、混ぜただけの生地では水蒸気がすき間からもれて、きれいにふくらまない。
shunaze1.png

でも小麦粉と水を混ぜて加熱すると糊(のり)ができる。この糊(のり)の壁によって水蒸気が抜けづらくなるため、大きくふくらむことができるんだ。
shunaze2.png

ちなみに、シュー皮は加熱で一度ふくらんでもオーブンレンジのフタをあけると温度が下がって水蒸気の体積がへり、皮がしぼんじゃう。縮まないようにするには、焼けてからさらに仕上げに焼くことが大事。焼き色がしっかりつくまで開けずに我慢してね!
shunaze3.png


すイエんサー流 しぼり袋とクリームの入れ方

1.シュー皮の裏に菜箸(さいばし)などで穴をあける。
2.チャック付きの透明袋などへクリームを入れ、角を少しだけ切ってしぼり入れる(専用のしぼり袋のかわりになるよ)
★市販のカスタード、生クリームだけでなく、プリンやムースなどをいれてもおいしいよ!


プチシューの作り方

*材料は基本のシュー生地と同じ
*生地の作り方は基本のシュー皮(手順1〜3)を参照

4.鉄板にオーブンシートをしいて、生地を直径3センチぐらいにしぼり出したら霧吹きで生地に水をかける。

5.190℃で予熱したオーブンレンジで10分焼く。

6.温度を180℃に下げてさらに5分焼く。
※時間は目安です。焼き色を見ながら調整してください。
petitshu.png


 ジャンボシュークリームの作り方

*材料は基本のシュー生地のうちホットケーキミックスの部分だけ分量を変える。
・ホットケーキミックス 10g
・強力粉 40g

*生地の作り方は基本のシュー皮(手順1〜3)を参照
※強力粉を入れるタイミングはホットケーキミックスと一緒です。

4.鉄板にオーブンシートをしいて、生地を約15センチにしぼり出したら霧吹きで生地に水をかける。
※あまり大きくしすぎるとふくらみにくくなったり、焼けにくくなったりします。

5.190℃で予熱したオーブンレンジで25分焼く。

6.温度を180℃に下げてさらに15分焼く。
※時間は目安です。焼き色を見ながら調整してください。
jumboshu1.png


“夢のシュークリーム”のデコレーションのコツ

≪高さ30センチ!夢のシュータワー≫
※タワーの中心はボール紙で三角錐(さんかくすい)を作りアルミホイルを巻いて作ってね!
shutower.png
*タワーから落ちにくくするため、シュータワーに使うプチシューの中身は軽くする
*タワーへプチシューをはりつけるには生クリームを使う。
*タワーのすき間はフルーツやマシュマロでうめる。生クリームを使ってタワーにつけてね。

≪直径20センチ!ジャンボシュー≫
*上の三分の一ぐらいを切る(最後、ふたにします)
*チョコレート味でそろえるなど味の中心を決める。欲ばらずにイチゴ、クリームをのせるぐらいにするのがオススメ!
jumboshu2.png

≪ゆで卵やサーモンなどを使った食事系シュー≫
*普通サイズのシュークリームを切り、好きなものを組み合わせる。具材はサンドイッチのイメージで選ぶのがオススメ!
*水分が多い具材は控えめに!
shokuzishu.png


!失敗したシュークリームのアレンジ法!

①砂糖をかけてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼いたらシューラスク風!
★鉄板にアルミホイルをしいてサラダ油をぬるとくっつきにくいよ
sippaishu1.png

②切ってみそ汁の具に!お麩(ふ)みたいでおいしいよ!
sippaishu2.png


番組冒頭のミニ企画:水の上にお絵描きしてみよう!

アルミホイルにホワイトボードマーカーで絵を描き、1分間ほど乾かす。水にそっと入れると・・・絵が水に浮かぶ!
★ホワイトボードマーカーの色によって、うまくいきにくい場合があります。比較的、「青」がうまくいくようです。
mizuoekki.png

ぜひやってみてね~!

スイーツ これまでのワザ

固定リンク | コメント(6)

  • 友達にメールで知らせる

mattoandtobibakoirasuto.jpg

マット運動とび箱の苦手を克服できちゃう極意をご紹介!得意な子はもっと上手になっちゃうよ!


★マット運動の後転(こうてん)の苦手を克服する方法★

※後転やさか立ちの練習をするときは必ずおとなと一緒に安全に十分注意して行ってください。

後転は背中を丸くすることがポイント。「ネコ背」の姿勢を意識すると体全体が丸くなって回りやすくなる。
kouten1.png

≪ネコ背の姿勢でゴロンゴロン!後転の練習≫
①足を抱えて頭を体の中にいれ、ゆりかごのように転がって戻る。
kouten2.png
②お尻が上を向くぐらいまで転がること!怖がらずに勢いよく回る練習になる。
kouten3.png

後転で回れたら、次は「アゲアゲのポーズ」
転がってからアゲアゲのポーズで、手で床を押せばしっかり回って立ち上がりやすくなるよ。
ageagekouten.png


★側転(そくてん)の苦手を克服する方法★

側転のポイントはさか立ち。側転の正式名は「側方倒立回転(そくほうとうりつかいてん)」。「さか立ち」から横に回転するということ。さか立ちができるようになればきれいな側転ができるようになる。

※側転の練習をするときは必ずおとなと一緒に安全に十分注意して行ってください。

≪さか立ちの練習≫
①最初は片方の足を大きく前に出す。
sokuten1.png
②両手もなるべく前に出して床につける。
sokuten2.png
③前に出した足のひざをしっかり曲げると床を強くけることができるので、足が上がりやすくなる。
sokuten3.png
※補助をする人は伸ばした後ろ足のひざを持つと、さか立ちする人が上がりやすい。
sokutenn4.png

!さか立ちの注意点!
ひじは絶対に曲げないこと。曲げると体勢が崩れて危ない!
・バランスを安定させるために手と手の間を見る。

≪「さか立ちから側転」の練習≫
さか立ちとの違いは手の位置だけ。前に出した足と同じ側の手を足の近くに持ってくる。
sokuten5.png

!側転の注意点!
側転は正面向きから始める。横向きで側転を始める子もいるが、腰が曲がって足があがりにくくなる。特に初心者は、正面を向いた方が側転がやりやすいよ。
sokuten6.png
※正面向きから始める側転は、学習指導要領の内容にそったやり方です。


 ★とび箱の苦手を克服する方法★

とび箱は手を遠くにつくそのついた手をお尻がとび越すことを意識すると、うまくとべるようになる。

※とび箱の練習をするときは必ずおとなと一緒に安全に十分注意して行ってください。

≪平均台を使って練習≫
①平均台の下には60センチと80センチのしるしをつけて、この長さをとんでみる。
mattoundou1.png
②まずは60センチのしるしで、ついた手がお尻をとび越すようにとぶ。
mattoundou2.png
③慣れてきたら次は80センチのしるしを同じようにとぶ。
mattoundou3.png

実は80センチは小学生向けの小型のとび箱の長さ。80センチのしるしがとべれば、とび箱もとべるようになる。
mattoundou4.png

※とび箱は背が伸びて筋力がつくと自然ととべるようになることがある。今はとべない子でも成長するととべるようになることもあるよ。


やってみてね~!

スポーツ、運動 これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる
Page Top