すイエんサー

sukiyakititle.png

今回は、誰でも一度は食べたくなる“特別な”すき焼き に挑戦。
ごく普通の材料でも、すイエんサー流で高級すき焼きに負けない味に大変身!


①【お買い得牛肉】を超やわらかくする

200gの牛肉に対して、30gの砂糖をまぶして、牛肉がひたるくらい牛乳を入れる。
砂糖牛乳につけておく時間は1時間くらいがおすすめ。
※使った牛乳は衛生面を考えて飲まないでください。
sukiyaki1.png

 *解説*
肉のタンパク質は加熱すると、水分がしぼり出されたりしてかたくなる。でも砂糖を加えると水分をガッチリキープし、加熱によって肉がかたくなるのを防いでくれる。
sukiyaki2.png

さらに、牛乳には霜降り牛肉に多く含まれる「ラクトン」という香り成分があるので、お買い得の肉に高級感を足すことができるんだ。
sukiyaki3.png


②【絹ごし豆腐】が「新食感の豆腐」に変身

絹ごし豆腐1丁(350gほど)を切り、塩水に30分ほどつける。
塩水は水600mlに対して塩30g
クリーミーで、かたさは木綿豆腐のような「新食感の豆腐」ができる!
sukiyaki4.png

*解説*
豆腐を塩水に入れると、塩分濃度が均一になるように豆腐の水が塩水の方に出ていく。すると豆腐がキュッとしまる。この状態で煮ると、スポンジのようにタレを吸いやすくなるんだ。
sukiyaki6.png


③【しらたき】タレを吸いやすくなる技

  1. しらたきの水をよくきる。
  2. 調理用の袋に入れ、砂糖を大さじ1いれてよくもむ。1分ほどもむと、しらたきの水分がしみ出してくる。
    sukiyaki8.png
  3. 軽く水洗いして、同じ時間煮てみると・・・砂糖もみした方が、何もしない「しらたき」よりもタレを吸いやすくなる!
    sukiyaki9.png

④【普通のネギ】が、すき焼きの主役に!北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)が残したスゴ技

ネギを5cmくらいに切って、鍋の真ん中に立てるだけ!
sukiyaki10.png

そうすると、ネギの下はトロトロであま~く、上はシャキシャキでピリッとした辛みが楽しめる!
sukiyaki11.png


 ⑤ネギと肉がとろける!“特別な”すき焼きの作り方

*材料(2〜3人分)

  • しょうゆ 100ml
  • みりん 100ml
  • 水 100ml
  • 砂糖 30g
  • 顆粒ダシ 大さじ1
    sukiyaki12.png


*作り方

  1. 牛肉、豆腐の下準備ができたら、ネギを切って鍋の真ん中に立てる。
    ※やけどに気をつけてください。
    sukiyaki13.png
  2. ネギを支えるように、まわりに牛肉、豆腐、しらたきをおく。
    ※お好みで、ほかの具を足してね
    sukiyaki14.png
  3. わりした(タレ)を入れて煮立たせれば完成!
    sukiyaki15.png

みんなもつくってみてね~!
sukiyakidaiseiko.png

料理 これまでのワザ

固定リンク | コメント(4)

  • 友達にメールで知らせる
Page Top