No.163 2017年5月発行

映像解析技術とメタデータ 特集号

※PDFで公開しています。

巻頭言

  • 深層学習時代におけるメタデータ生成と映像コンテンツ活用への期待
    電気通信大学 教授 柳井啓司
    PDF

解説

  • メタデータ制作支援に関する動向
    佐野雅規
    PDF ↓概要

    概要
    放送局においては,番組制作環境のファイルベース化が進み,映像や音声,付随するデータの効率良い管理がますます重要になってきている。近年では,コンピューターによるデータ解析を利用したメタデータの付与支援,そのメタデータを利用した検索システムなどが少しずつ実用化されはじめている。本稿では,放送局で必要とするメタデータとその制作について述べた後,最近の解析技術を利用したメタデータ付与支援に関する取り組みと標準化の動向について解説する。
  • 画像解析技術を用いたアーカイブス検索システム
    望月貴裕
    PDF ↓概要

    概要
    放送局に蓄積された映像資産の有効利用を目的とし,手動付与されたテキスト情報に頼らない手法として,画像解析によるメタデータ自動生成および検索技術の研究を進めてきた。そして東日本大震災の取材映像および放送アーカイブスなどを対象として,画像解析技術の実用性を検証してきた。本稿では,番組制作者が実際に使用する放送アーカイブス検索システムとの連携による検証実験について解説し,導入した技術の概要,システムと機能の概要,および実際のユーザーによる評価と操作ログの解析結果について述べる。

報告

  • 震災アーカイブスメタデータ補完システムの開発
    住吉英樹 河合吉彦 望月貴裕 サイモン・クリッピングデル 佐野雅規
    PDF ↓概要

    要約
    2011年の東日本大震災の際には,報道用の素材映像(震災映像)が大量に撮影された。これらの震災映像を整理・蓄積し,活用していくことは,NHKとしての使命でもある。しかし,短期間に大量の映像が撮影されたため,データベース化が進んでおらず,再利用も容易ではない状況であった。そこで,当所の被写体認識技術を中心とするメタデータの自動付与技術を利用して,放送現場で容易に利用できるメタデータ補完システムを開発し,メタデータの付与作業の支援とショット単位での映像検索を実現した。本稿では,開発したメタデータ補完システムの機能と性能の概要,およびNHK福島放送局で行った試用実験について報告する。
  • 被写体領域を考慮したブロック領域設定による類似画像検索
    望月貴裕 河合吉彦 佐野雅規 住吉英樹 藤井真人
    PDF ↓概要

    要約
    放送局に蓄積された大量のコンテンツ映像は,番組制作のための貴重な資料であり,これを効率的に検索する技術が必要である。検索手法としてはキーワード検索が一般的であるが,大量の映像に対して詳細かつ適切なキーワードを付与することは難しい。そこで,キーワードに依存しない検索手法として,画像全体の「見た目」の類似性に基づく類似画像検索技術が有用となる。従来手法では,画像を格子状にブロック分割し,対応するブロック領域同士の特徴比較により2枚の画像の類似度を計算するアプローチが主流である。しかし,この手法では,被写体の位置および大きさの違いなどの僅かなレイアウトの差異に影響され,意図した検索結果が得られないケースがある。そこで本稿では,一部のブロック領域を被写体領域上に設定し,それらのブロック領域の重みを高くして画像類似度を計算する手法を提案する。本手法により,画像全体だけでなく被写体の類似性を考慮した類似画像検索が可能となる。
  • テレビ番組映像からの字幕スーパー領域の検出
    河合吉彦 望月貴裕 住吉英樹
    PDF ↓概要

    要約
    テレビ番組映像に重畳される字幕スーパーには,映像に映る人物の名前や発言の内容,スポーツにおける得点など,映像内容を自動解析するために有用な情報が含まれている。この字幕スーパーが表示されている領域を,高精度に検出する技術を開発した。本技術では,字幕スーパーの文字を形成する線や点の配置を反映した特徴量と,機械学習の枠組みを利用することで,検出精度を向上させた。実際のテレビ番組映像を用いた評価実験では,再現率89.9%,適合率88.0%,F値0.889という結果が得られ,従来技術よりもF値が0.135向上することが確認された。

研究所の動き

  • ライブ動画配信に適した動画ビットレート制御技術 PDF

論文紹介

  • 論文紹介 PDF

発明と考案

  • 2017年1月〜2017年2月 PDF

学会発表論文一覧

  • 2016年7月〜2016年12月 PDF

研究会・年次大会等発表一覧

  • 2016年12月〜2017年2月 PDF