フレキシブル有機ELディスプレー

薄くて軽く,丸めることができるディスプレー

当所では,大画面で臨場感のあるスーパーハイビジョン映像を,ご家庭でも簡便に楽しんでいただくために,「フレキシブル有機ELディスプレー」の研究に取り組んでいる。このディスプレーは,従来用いられているガラス基板ではなく,プラスチックフィルム上に形成されており,大画面でも薄くて軽く,丸めることもできるため,大型テレビの家庭への導入を容易にすると期待されている。また,有機ELディスプレーは,高コントラスト・広視野角で動きぼやけが少ないなど,高画質という特長もある。

現在,有機ELディスプレーのさらなる高画質化に向けて,映像信号処理技術の開発に取り組んでいる。有機ELディスプレーは,マトリックス状に配置されたTFT(Thin Film Transistor : 薄膜トランジスター)により有機EL素子に流す電流量を制御することで映像を表示している。このため,TFTや有機ELの形成工程でばらつきが生じると,画面内の明るさが不均一になり画質が低下する。そこで,あらかじめカメラで取得した画面内の輝度のばらつきデータから,有機ELディスプレーを画素ごとに適切な輝度に補正する手法を開発した。本手法により,画質の低下を抑制し,画面内で均一な映像を表示することが可能になる。

今回,この高画質化技術を導入するとともに,プラスチックフィルム上に赤・緑・青にそれぞれ発光する有機EL材料を高精度に形成する技術を開発し,対角30インチの4Kフレキシブル有機ELディスプレーを試作した*11図)。表示部の厚みは約0.5mm,重さは約100gで非常に薄くて軽く,丸めて収納することもできる(1表)。

1図 試作した30インチ フレキシブル有機ELディスプレー
1表 試作したパネルの主な仕様
画素数 3,840×2,160
厚み 0.5mm
画面の有効サイズ 664mm×373mm
重さ(パネル部) 約100g
画素ピッチ 0.173mm
表示階調 8bit
フレーム周波数 60Hz

今後も,フレキシブル有機ELディスプレーの大画面化,高画質化を目指して,ディスプレーの駆動手法や映像信号処理技術の開発に取り組んでいく。