技研OB福島邦彦さんがフランクリン財団よりバウワー賞(科学部門)受賞

元技研・研究員の福島邦彦さんが、4月29日に米国のフランクリン財団から「The Bower Award and Prize for Achievement in Science」(バウワー賞:科学部門)を受賞しました。過去の受賞者には、ノーベル賞受賞者を含む著名な研究者が名を連ね、世界の学術賞の中でも最も権威の高い賞の一つと言われています。今回の受賞は、福島さんが1979 年にNHK技研(当時 放送科学基礎研究所)で、パターン認識モデル「ネオコグニトロン」を開発し、今日のAI(人工知能) 技術の中核であるディープニューラルネットワークの基本構造を生み出したことが高く評価されたものです。
この受賞を機に福島さんにネオコグニトロンとAIの今後などについて伺いました。

―受賞おめでとうございます。ネオコグニトロンを考案された当時、今日のようにAIが幅広い分野で活用されていることを想像されていましたか?

福島)全く想像していませんでした。当時、AIとネオコグニトロンは全くの別分野のものでした。当時のAIは、いわゆるIF/THENルールベースで処理するものでした。私は脳の神経回路のモデルをコンピューター上で動かして、実際の脳の中で起こっていることを知りたいと思ってネオコグニトロンを開発していました。

―福島さんの考えた脳の神経回路モデルが、最近になって、コンピューターが発達したことで、AIに役立てられるようになったのですね。
今後、神経回路の研究とAIの技術はどのように進化していくとお考えですか?

福島)我々が“目で見る”ということは視覚の情報処理です。この他の感覚、聴覚や触覚などについてもどのような情報処理がされているか調べていく必要があると思います。人間のモチベーションとか創造力を発揮する脳の領域があって、そのあたりについては、生理学的にはほとんどわかっていません。

今のところ10個程度の脳細胞を同時に観察することはできると思いますが、100億個以上の脳細胞を同時に観測したり、その相互作用を解明することは、まだまだ難しいと思います。そこで、神経細胞がまとまった集合体としてどのようなメカニズムで情報処理をしているのかを調べるのに、AIが活用できるのではないかと思っています。そのメカニズムを神経回路としてモデル化ができれば、非常におもしろいと思いますし、それを今のAIに応用すればより高度なAIに進化させることができると思います。

-最近、人間の仕事がAIに奪われるなどと言われています。そう遠くない将来に、AIは人間と同じように幅広い能力を持つようになるのでしょうか?

福島)まだまだ難しいと思います。特定の分野では人間より優れたものができていますが、先ほど言った脳細胞の相互作用の解明などを考えると、人間を超えるのは一体いつのことになるのかな、と思います。何世紀もかかるか、永遠にできないかもしれませんね(笑)。

-現在も研究に取り組まれていますが、研究に向き合う上での考え方を教えて下さい。

福島)流行はやっている研究の真似をしないで、独創性を出すことです。自分の目標とする研究だけでなく、少しその周辺に目を配るというのが、新しいアイデアを得るのに非常に大事だろうと思います。そのときにただ漫然と周辺を見るのではなく、自分が目標とすることを常に頭の隅に置いておいておくことが重要です。

―受賞おめでとうございます。本日は、たいへん貴重なお話をありがとうございました。

ネオコグニトロンとAIについて語る福島邦彦さん
技研で研究している様子(1976年)

* 現在、(一財)ファジィシステム研究所 特別研究員