ラボトーク 光の“波”を使いこなす ~未来の3次元映像技術~

新機能デバイス研究部 信川輝吉

3次元映像の実現により、没入感・臨場感あふれるコンテンツを視聴できます。このラボトークでは、デジタル技術と光のアナログ技術を組み合わせ、光の波を使いこなすことで、高精細な3次元映像の撮影・表示が実現できることを紹介します。特に、展示項目「コンピュテーショナルフォトグラフィー」で用いている光の位相検出技術を概説し、将来の3次元映像取得に向けたNHK技研での基礎的な研究の取り組みを紹介します。

発表者からひと言

物理の授業で「位相」という単語を聞いたことがあるでしょうか?位相に対して拒絶反応を示す方も少なくないと思いますが、位相を使うことで魅力的なメディアをひらける可能性があります。ぜひその楽しさを感じてください!

その他の研究発表など