ラボトーク 人と人をつなぐイマーシブメディア

空間表現メディア研究部 吉野数馬

NHK技研では、3次元映像技術を活用したイマーシブメディアの研究を進めています。その一つとして、AR・VR技術を活用して人と人がつながり、一緒にコンテンツを視聴することによる新たな映像体験が期待されます。このラボトークでは、離れた場所にいる家族や友人がバーチャル技術で同じ空間に集まり一緒にコンテンツを体験できる、空間共有視聴技術の研究を紹介します。

発表者からひと言

AR・VRという言葉を聞いたことはありますか?メガネ型のディスプレーを使って、いつでもどこでも映像表示できる将来は、臨場感のあるコンテンツ体験だけでなく、コミュニケーションの形も変わっていくかもしれません。

その他の研究発表など