展示項目

M放送博物館

放送用VTRの変遷
放送博物館コーナー

展示概要

VTRの出現
NHKがテレビ放送を開始した1953(昭和28)年当初、番組は生放送でした。1956(昭和31)年、アメリカのAMPEX社が発表した2インチVTRの出現により、録画が可能となって、番組制作の手法が大きく変化しました。技術研究所(現 放送技術研究所)は1955(昭和30)年からVTRのテープ駆動機構や磁気ヘッドなどの研究を開始し、国内メーカーへの技術援助も行いました。
VTRの進化
VTRは、テープの幅が2インチから1インチ、3/4インチ、1/2インチへ、形態がオープンリールからカセットへ、そして大きさ・重さが小型・軽量に進化し、取り扱いも便利になりました。ニュース取材ではテレビ放送開始時からフィルムカメラを使用していましたが、1970年の後半から電気信号による小型カメラと小型VTRを組み合わせたENG (Electric News Gathering)の時代に入り、1980年代にはカメラとVTRの「一体型カメラ」が主流になりました。
デジタルVTR
記録方式もアナログからデジタルに進化し、画質劣化のない複雑な編集を可能にしました。ハイビジョン用VTRは、ハイビジョン制作が始まった1982(昭和57)年当時、1インチテープを使用した据え置き型の大型なものでしたが、時代を追うごとにより小型化され、さらにカメラとの一体化へ進歩しました。

展示では、VTRの変遷を当時放送で使用していた機器とともに振り返ります。

サービスのイメージ

ページトップへ

展示に書かれた番号を入力してください

X
J M T P
1 2 3
4 5 6
7 8 9
消去 0 決定

放送用VTRの変遷 放送博物館コーナー

  • 放送用VTRの変遷
  • 車載用に開発された2インチVTR
  • 高画質・高音質になった1インチVTR
  • Vロケが簡単になったVTR一体型カメラ