展示項目

30東京オリンピック・パラリンピック

ウルトラ指向性マイクロホン
遠方からのクリアな音声収録を目指して

展示概要

大勢の歓声の中でも、スポーツの競技音をクリアに収音できるマイクロホンの研究開発を進めています。特定の狭い範囲の音を拾うために、従来よりも鋭い指向性を有するショットガンマイクロホンを開発しました。

サービスのイメージ

特長

より長い音響管による鋭い指向性の実現
ショットガンマイクロホンは、ダイアフラム(振動板)の前方に取り付けられた音響管の効果で鋭い指向性を実現します。従来品より長い音響管を用いて、より鋭い指向性を実現しました。
音響管の設計技術
鋭い指向性を有する音響管を高精度に設計するためのシミュレーション技術を開発しました。より性能の高い音響管の設計を効率的に行うことができます。

今後の予定

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの利用を目指し、性能向上を図ります。

  • この研究は、三研マイクロホン(株)と協力して進めています。
ページトップへ

展示に書かれた番号を入力してください

X
J M T P
1 2 3
4 5 6
7 8 9
消去 0 決定

ウルトラ指向性マイクロホン 遠方からのクリアな音声収録を目指して

  • ウルトラ指向性マイクロホン
  • 従来の超指向性マイクロホンとの比較