NHK放送技術研究所
東京都世田谷区砧1-10-11
※駐車場はご利用いただけません
※公共交通機関をご利用下さい

展示項目

C1スマートプロダクション

映像にメタデータを自動付与する文字列検出技術
番組制作における映像検索をもっと便利に

展示概要

番組制作時の映像検索をより便利にするために、素材映像にさまざまな情報(メタデータ)を自動付与する技術を研究しています。映像に映り込んだ看板や名札に書かれている文字列(情景文字列)を検出する技術を展示しています。

サービスのイメージ

特長

傾きやゆがみがある文字列の検出
日本語は複数の部分・部首で構成される文字が多く、数字や英字などに比べて検出が困難です。傾きやゆがみがある文字列の方向や大きさにあわせて、取りこぼした部分がないか再検出することで、ひと文字ずつ確実に検出することができます。
文字列と図形を区別する技術
文字列のそばに大きさや色がよく似た図形が映っていると、文字との区別ができません。文字らしい線の太さを抽出することで、細すぎたり太すぎたりする線で構成される図形の誤検出を防ぎます。

今後の予定

検出技術の高精度化や高速化を進め、番組制作のさまざまな場面で利用できる情景文字列の認識技術を開発します。

ページトップへ

展示に書かれた番号を入力してください

X
A B C D
E F T P
1 2 3
4 5 6
7 8 9
消去 0 決定

映像にメタデータを自動付与する文字列検出技術 番組制作における映像検索をもっと便利に

  • 映像にメタデータを自動付与する文字列検出技術
  • 情景文字列検出技術