NHK放送技術研究所
東京都世田谷区砧1-10-11
※駐車場はご利用いただけません
※公共交通機関をご利用下さい

展示項目

A1スーパーハイビジョン

8K HDRライブ制作
高ダイナミックレンジテレビの8K放送導入に向けて

展示概要

8Kスーパーハイビジョン放送での導入に向けて、表現できる明暗の幅を広げるHDR(高ダイナミックレンジ)テレビ方式を開発しました。HDRテレビ方式に対応する8Kカメラ、8Kディスプレー、8K制作システムによるライブ制作の様子を展示しています。

サービスのイメージ

特長

放送に適したハイブリッド・ログ・ガンマ(HLG)※1方式
HLG方式は、NHKとBBC(英国放送協会)が共同で開発したHDRテレビ方式です。従来のテレビ方式(SDR)※2との高い互換性を保ちつつ、明暗幅が格段に広い映像を扱うことができるため、テレビ放送に適しています。
HDR放送を実現する8K制作機材
HLG方式対応の8Kカメラと、高輝度・高コントラスト比の8Kディスプレーを開発しました。そのほかの制作機器は従来のままで使用可能です。
HDRライブ映像制作
HLG方式は、撮影側で光から電気信号への変換を規定する方式です。従来の番組制作と同様にビデオ信号を取り扱えるため、映像調整が容易で、複数カメラを切替える8K HDRライブ制作に適しています。SDRとの互換性があるため、既存のコンテンツや機材を有効に活用できます。

今後の予定

HLG方式による高ダイナミックレンジ8K映像制作手法を確立し、8K放送のHDR番組制作に寄与していきます。

  • HLG方式対応8K HDR液晶ディスプレーはシャープ(株)と共同で開発しました。
  • ※1 HLG(Hybrid Log-Gamma):2015年7月に策定された国内標準規格ARIB STD-B67にて主要なパラメーターを規定。スーパーハイビジョン放送の映像符号化方式や多重化方式の国内標準規格もHLG方式に対応。
  • ※2 SDR(Standard Dynamic Range):国際標準規格ITU-R勧告BT.709で規定される標準ダイナミックレンジ
ページトップへ

展示に書かれた番号を入力してください

X
A B C D
E F T P
1 2 3
4 5 6
7 8 9
消去 0 決定

8K HDRライブ制作 高ダイナミックレンジテレビの8K放送導入に向けて

  • 8K HDRライブ制作
  • 8K HDR対応カメラ
  • 8K HDR対応ディスプレー
  • 8K HDRライブ制作システム