究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

8K スーパーハイビジョン

11

フルスペック8Kスーパーハイビジョンプロジェクター

8K,120Hz,広色域の映像を大画面で表示

展示概要

フルスペック8Kスーパーハイビジョン(以下、8K)の映像(8Kフル解像度、フレーム周波数 120Hz、広色域表色系)※1を大画面で表示できるプロジェクターを開発しました。

特徴

●フルスペック8K 映像を大画面で表示

高精細で動きぼやけが少なく色鮮やかな高臨場感映像を、450インチの大スクリーンでご覧いただきます。

●小型3,300 万画素液晶素子とレーザー光源

従来の4K素子と同サイズの対角1.3インチの3,300万画素液晶素子3枚をフレーム周波数120Hzで駆動し、光源に赤・緑・青の半導体レーザーを使用しています。

●映像信号を1本のケーブルで伝送できる光インターフェース※2

大容量のフルスペック8K映像信号(約144Gbps)を、光マルチリンクケーブル1本でプロジェクターに入力しています。

今後の予定

フルスペック8Kの放送の充実に向けて、多様なフルスペック8K表示装置の開発に取り組んでいきます。

● このプロジェクターは、(株)JVCケンウッドと共同で開発しました。
● レーザーの安全基準を満たしています。

※1 フルスペック8Kスーパーハイビジョン:8K映像フォーマットは、国際規格(ITU-R Rec. BT.2020、SMPTE ST2036-1)および国内規格(ARIBSTD-B56)で標準化されています。このうち、画素数7,680×4,320(8K)、フレーム周波数120Hz、広色域表色系、階調12ビットのものがフルスペック8Kです。

※2 光インターフェース:超高精細度テレビジョン信号スタジオ機器間インタフェース規格(ARIB STD-B58)で標準化されています。

有機ELディスプレーの長寿命化技術
展示項目一覧へ戻る