未来の没入型VRディスプレー

概要

ディスプレーを湾曲させることにより、頭部を包み込むようなディスプレーを実現しました。視野のほとんどを映像で覆うことができるため、個人視聴でも「没入感」を高めることができます。

個人視聴用の没入感の高いディスプレーとするため、30インチ4Kのフレキシブル有機ELディスプレー3枚を貼り合わせ、円弧状に曲げて設置しました。水平方向に6K、垂直方向に4Kの解像度となり、約37cmの視距離でも画素構造の見えにくい画素ピッチ0.173mmで、頭部のまわり約180度の視野角をカバーしました。さらに、映像・音声に合わせて振動する椅子(いす型触覚デバイス)を組み合わせることで、より臨場感を高めることができます。

  • 30インチ4Kのフレキシブル有機ELディスプレーは、シャープディスプレイテクノロジー(株)と共同で開発しました。