TOP PAGE>P12 カラーテレビ本放送、東京五輪

カラーテレビ本放送、
東京五輪

1953(昭和28) アメリカ、NTSC方式をカラー標準方式として決定
1960 安保改定特別番組を編成
1960.9 カラーテレビ本放送を開始
1961 技研二代目研究棟完成
1962..3 テレビ受信契約数1,000万を超える
1963.11 初の日米間テレビ衛星中継 “ケネディ暗殺” を速報
1963 フィリップス社ブランビコン管開発
1964.10 東京オリンピック大会を欧米へ衛星中継
1965 渋谷の放送センター第1期運用を開始

日本のカラー放送は1960(昭和35)年9月10日、世界でアメリカ、キューバに次いで3番目にNTSC方式ではじまった。このNTSC方式は、全米テレビジョン方式委員会(NTSC)が決めたもので、走査線525本。最大の特長は、白黒テレビでも、カラー放送の内容を見ることができるようにしたことであった。

1960 世界で3番目にはじまったカラーテレビ本放送

カラーテレビ本放送

日本のカラー放送は1960(昭和35)年9月10日、世界でアメリカ、キューバに次いで3番目にアメリカと同じNTSC方式ではじまった。このNTSC方式は、全米テレビジョン方式委員会(NTSC)が決めたもので、走査線525本。アメリカRCA社が開発した方式で、最大の特長は、白黒テレビ受像機でも、カラー放送の内容を見ることができるようにしたことであった。NHK東京・大阪の総合テレビと教育テレビ、日本テレビ(NTV)、ラジオ東京(現TBS)、朝日放送、読売テレビ放送がそれぞれカラー本放送を開始した(1952年3月22日の放送記念日に東京・内幸町の放送会館でカラーテレビの公開実験が行われた。これは、機械式のCBS方式であった。これは、白黒テレビの本放送開始1年前である)。

初期のカラー放送は、まだ放送局の設備も十分でなく、外国のカラー映画の放送やスポーツ中継、それに短時間の教養番組などが中心であった。本放送から7か月たった段階でも、NHK総合のカラー番組は、1日1時間、NTVは2時間42分、TBSは6分ほどだった。当時のカラーテレビは、21インチ型で1台50万円もしたので、庶民にはとても手が出ず、カラー放送開始時点では、1,200台程度しか普及していなかった。1966年3月には電電公社による全国カラー放送用マイクロ回線網が完成、カラー放送の全国視聴可能範囲は、93%になった。


世界最初の「テレビオリンピック」

1964(昭和39)年10月の東京五輪は、NHKはじめ日本の放送関係者が総力をあげて、そのテレビ放送の実現に努力した。撮像管の開発から衛星中継までの一連の機器を国産で開発し、東京五輪を静止衛星シンコム3号を利用して世界に初めて生中継した(電話回線用で、テレビ信号をそのまま伝送する容量はなかったが、圧縮技術を使い、大会3日前に技術テストに成功した)。大会では、開会式、レスリング、バレーボール、体操、柔道などがカラー放送された。中継には、白黒の受像機を見る多くの人々のために、白黒でも画質が落ちないよう設計された分離輝度2撮像管式カラーカメラが使用された。また競技をVTRで収録して、それを再生するスローモーションVTR、接話マイクなど新しいテレビ技術が一斉に登場した。東京五輪は、「テレビオリンピック」ともいわれた。

世界最初に五輪を世界に中継した静止衛星 (シンコム3号) 帯域が狭いために、衛星伝送されたのは映像信号のみで、音声は海底ケーブルで送られた。

世界最初に五輪を世界に中継した静止衛星 (シンコム3号)帯域が狭いために、衛星伝送されたのは映像信号のみで、音声は海底ケーブルで送られた。

ボーイング社提供

東京五輪は、メディアを通して日本中が一体感を持つ、国民的イベントとなった。特に国民期待の東洋の魔女・日本女子バレーボールチームとソ連 チームとの決勝戦は、最大視聴率が95%に達するというメディア史に残る記録を残した。

東京五輪は、世界に日本の放送技術の高さを示すとともに、日本のテレビ産業が世界に大きく飛躍する機会ともなった。

テレビは進化するTOP PAGE