TOP PAGE>P6 ラジオ本放送はじまる

ラジオ本放送
はじまる

1920(大正9).11 世界最初のラジオ局(アメリカKDKA局)放送開始
1922 イギリス放送会社(英公共放送BBCの前身)ラジオ本放送開始
1923 関東大震災
1925.3.22 ラジオ放送開始(東京に次ぎ大阪・名古屋放送開始)
1925.7.12 東京放送局愛宕山から本放送開始
1926 社団法人日本放送協会を設立
1927(昭和2) 甲子園から中等学校野球大会を放送
1928 大相撲を両国国技館から放送
1939.5.13 東京・内幸町に完成した放送会館からラジオ放送開始

「JOAK、JOAK、ジェー、オーゥ、エーィ、ケーィ、こちらは東京放送局であります」。日本のラジオ第一声が、1925(大正14)年3月22日午前9時30分、東京・芝浦の仮放送所から東京の空に流れた。当日の受信契約数は約3,500。ラジオ放送は、大阪(6月1日)、名古屋(7月15日)でも開始された。

1925 新しい放送文化の夜明け

ラジオ本放送

人類の声が初めて電波に乗ったのが、1906年。それからわずか十余年で、世界最初のラジオ局KDKAがアメリカ・ピッツバーグに出現した(1920)。放送の初日には、アメリカ大統領選挙の開票結果を速報し、共和党のハーディング候補の当選を速報した。受信機は、アマチュア無線家を中心に1万5000台ほど普及していたといわれる。普及の速度は速く、2年後には500万台にのぼっていた。

JOAK 東京放送局

日本でも1925(大正14)年3月22日午前9時30分、ラジオ放送がはじまった。「JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります」

関東大震災から2年、日本のラジオ第一声が東京・芝浦の東京放送局仮放送所から東京の空に流れた。

当時の受信契約数は約3,500。ラジオ放送は、大阪-(6/1)、名古屋(7/15)でも開始された。関東大震災(1923)の直後であったため、放送による信頼できる情報の重要さは、広く人々に理解された。ただ当時の放送は、出力が弱いために東京市内でないとよく聞こえなかった(出力わずか220W)。


放送に託された大きな夢と役割

放送開局の記念式典の挨拶で、後藤新平東京放送局総裁は、「放送を除き将来の文化生活を想像できない」と述べ、放送の機能について、後世に残る名演説をし、放送に大きな夢と役割を託した。

さぐり式の鉱石ラジオ

さぐり式の鉱石ラジオ

1925年7月には、東京放送局は、愛宕山の新しい局舎から本放送を開始した(出力1kW)。目に見えぬ電波が無限に広がり伝わってくる神秘さは、聴取者に大きな感動を与えた。

放送は、新しい文化の誕生を告げるものだった。

テレビは進化するTOP PAGE