読み込み中です...

2020年3月19日(木)

障害に合わせた5種類の自転車?! パラ自転車競技

障害があるあらゆる選手がレースに参加できるように、パラ競技で使われる自転車は5種類もあるってご存じですか?

選手の障害に合わせ、どのような工夫がされた自転車があるのでしょうか?

さらに今回は、視覚障害のクラスに参加する2人の選手にも注目。「タンデム」と呼ばれる2人乗り自転車の前に乗るのは、かじ取り役の健常者、倉林巧和選手(パイロット)。後ろには視覚障害者の木村和平選手(ストーカー)。スピードに乗るための一心同体の走りを実現する秘けつを聞きました。



※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年12月2日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事