読み込み中です...

2020年1月10日(金)

ボッチャで"生きる"国民的スター タイ代表・ワッチャラポン

白い的球をめがけてボールを投げ合い、どちらがより近づけられるかを競うボッチャ。タイには、国民的スターとして愛されるボッチャ選手がいます。

タイ代表のワッチャラポン・ボンサー選手(29)。パラリンピック2大会で3つの金メダルを獲得する実力はもちろんのこと、3つのピアスに人目を引く“奇抜な”髪型や、「僕は人と違う。自分は自分さ」と語るその生き方にも注目が集まっています。

明るく奔放に振る舞うワッチャラポン選手。しかし、貧しい家庭に生まれたため、幼い頃は車いすを買ってもらうことができず、自宅に引きこもりがちだったといいます。

人生を変えたのは10代半ばで下したある決断。パラリンピックでメダルを取れば国から報奨金が出ると知り、趣味のボッチャに本気で打ち込むようになったのです。

自分の人生を変えるため、ボッチャに打ち込んできたワッチャラポン選手。国民的スターとなった今も、障害がある子どもたちの目標であり続けたいと、ボッチャと向き合っています。



※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年10月30日「NHKニュース おはよう日本
内容は放送時のものとなります。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事