読み込み中です...

2019年12月27日(金)

古舘伊知郎がパラ全22競技を白熱実況! パラ卓球編

さまざまな名試合を巧みな話術で実況してきた古舘伊知郎さんが、パラリンピック全22競技を解説。今回は「卓球」です。

古舘さんがまず実況したのは、東京パラリンピックの前哨戦でもある国際大会「ジャパンオープン」。パラ卓球ではおなじみの選手、バタフライマダムこと別所キミヱ選手(71)と長年のライバルである韓国のジョン・ヨン ア選手による決勝の様子です。別所選手がラケットを持つ姿を「まるで手鏡を眺める卓球の大女優のよう」と古舘さん。別所選手の独特なショットにも注目です!

動画の後半は、リオパラリンピックから。幼少期の事故によって両肘から先を失った、エジプト代表のイブラヒーム・ハマドトゥ選手の、オンリーワンともいえる口にくわえてラケットを操るプレースタイルは必見です。首、肩、胸の筋肉を連動させた無駄のない動きを、古舘さんはどう表現したのでしょうか?!



※古舘伊知郎さんの「舘」の字は、「舎」に「官」です。

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年10月14日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事