読み込み中です...

2019年12月13日(金)

卓球 石川 平野とのオリンピック代表争い 最後に軍配

卓球の東京オリンピック女子シングルスの代表争いは、ことし最後の国際大会まで石川佳純選手と平野美宇選手が激しく競り合い、石川選手が僅かの差で代表入りを確実にしました。明暗が分かれる結果となりましたが、2人はしれつな競争の中でも進化を見せて過去にないほどハイレベルな代表争いを戦い抜きました。

石川と平野 残された1枠

ことし1年にわたって続いた東京オリンピックの女子シングルス2つの枠をめぐる代表争い。伊藤美誠選手が選考ポイントでトップを走り続け、石川選手と平野選手が2番手を争う構図となりました。

平野 強い覚悟

平野選手は、おととしのアジア選手権で中国のトップ選手を連続で破って優勝して以降、持ち味のスピードを生かした卓球に対応され勝てない時期が続きました。それでも前回のリオデジャネイロオリンピックの代表争いに敗れた悔しさから「オリンピックは死ぬ気で出場権を獲得しに行かないと出られない大会。それだけの覚悟がないと戦えない場所だと分かった」と強い覚悟を胸に、ことしの代表争いに臨みました。

しれつな争いの中で進化

厳しい競争を勝ち抜くためにレベルアップを図ろうと、速いタイミングで打ち返すスピードのあるショットに加えて、相手のタイミングを外す緩いボールも織り交ぜて緩急をつける新たな戦い方にも積極的に取り組んできました。

そして、ことし8月のワールドツアー、チェコオープンでの石川選手との直接対決では、その緩急をつけた攻撃でポイントを重ね、石川選手から国際大会7回目の対戦で初勝利をあげるなどしれつな争いの中で進化した姿を見せました。

石川 今までいちばん厳しくてつらい戦い

一方、過去2回オリンピックの代表争いを勝ち抜いた経験を持つ石川選手ですが「今まででいちばん厳しくてつらかった」と話すほど、ことしは苦しい時期が続きました。

ミスの少ない確実性を重視したプレースタイルを研究されたことに加え「2回オリンピックに出ているので出なくてはいけないという気持ちが強くなり、守りのプレーや自分がしたいプレーとは全く違うプレーばかりをしてしまった」と当時の心境を話しました。

そして、チェコオープンでの平野選手との直接対決を振り返り、「平野選手が思い切ったプレーをしてきたのに対して、自分は入れよう入れようとしすぎて思いどおりの攻撃ができなかった。平野選手のプレーする姿から学んだことがすごく大きい」と話しました。

ことし2回目の対決で勝利

石川選手はしれつな争いのさなか、思い切った決断をします。自分から果敢に攻める攻撃的なプレースタイルへの変更です。

「ミスをしても気にせず攻めきりたい」。

そう決意して臨んだ今月のカナダでの国際大会。決勝は平野選手とのことし2回目の直接対決となりました。負ければ選考ポイントで平野選手に引き離され代表入りが遠のく大一番で、石川選手はミスを恐れず思い切り腕を振り、攻め続けました。

平野選手も速さだけでない新たな戦い方で食い下がりましたが、最後は石川選手が振り切り、ゲームカウント4対2で勝利。

ともに1万ポイントを超える代表争いの選考ポイントで平野選手を逆転し、135ポイントという僅かな差でグランドファイナルで代表入りを確実にしました。

1年にわたる長くて厳しい代表争いは最後の最後で石川選手に軍配が上がりましたが、互いに高め合い、進化し続けた2人の今後にも注目です。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事