読み込み中です...

2019年12月16日(月)

コンサドーレ札幌 福森晃斗選手が語る2019シーズン

J1の北海道コンサドーレは2019年のリーグ戦、13勝14敗7引き分けで10位。昨シーズンの4位から順位を落としたチームで福森晃斗選手は、ただ1人、Jリーグの優秀選手賞を受賞しました。ディフェンダーながら、攻撃の起点となり続けた福森選手。今シーズンの結果と来シーズンにかける思いとは。

正確なキックで 攻撃をけん引

福森晃斗選手

正直、もうちょっと、上に行けたなっていうのが、率直な気持ちですね。


失点数も多くて、そこで勝ちきれない試合もあったので、もっと上に行けるチームだと思う。

単独インタビューでこう語った、福森選手。今シーズンは、ディフェンダーながら持ち味の正確なキックでリーグ戦2ゴール8アシスト。キッカーを務めるセットプレーは多くがゴールにつながり、リーグトップの成功率でした。

背景には、チームメートの成長と緻密な計算があると福森選手は言います。

深井一希選手(左) 進藤亮佑選手(右)

福森晃斗選手

これまで得点していた選手に加えて新たに深井一希選手がヘディングで点を取り始めたり、どんどん、ターゲットになる選手が増えてきている。


それに伴って、選手ごとにボールの質を合わせるように工夫することでうまくいったと思う。進藤亮佑選手で言えば、ボールにスピードがあり、滞空時間が落ちずに、伸びるボールの方が、頭で合わせやすい。自分が誰にどんなボールであわせるかを考え、点と点を合わせることができれば、来シーズンはことし以上の数字は出せる。

今季のベストアシストは?

福森選手が選んだ2019シーズンのベストアシスト。それは7月に札幌厚別競技場で行われた湘南ベルマーレ戦、後半26分にゴールを決めたジェイ選手へのロングパスでした。

福森晃斗選手

相手のゴールキーパーとディフェンスとジェイの2対1の場面だったんですけど間にスペ-スがあったので、ジェイがちょうど気持ちよくヘディングできるようなボールっていうのを出すことができました。


ジェイのヘディングの強さっていう特徴も出すことができたプレーだったかなと思います。

強豪との実力に開き

福森選手は、2019シーズン、Jリーグの優秀選手賞を初めて受賞。しかし、チームの順位は勝負どころの試合で強豪相手に勝てなかったことが響き10位にとどまりました。

今シーズンの上位4チームに勝てたのは1試合だけで、ACLに出場するために、攻略しなければいけない相手に逆に研究され、苦しい戦いを強いられたことが原因でした。

福森晃斗選手

今まで対戦相手は『コンサドーレだし勝って当たり前でしょ』と思っていたかもしれないが、昨シーズン、4位という結果を出したことで強豪チームも目の色を変えて点を取りにくるようになった。


その中でも自分たちは、相手を崩せる力はあると思っていた。今思えば、そういう相手をどう崩すかをもっと真剣に考えなければいけなかった。

福森選手は、反省していました。

Jリーグ杯では準優勝 "手応えは確かなものへ"

コンサドーレはリーグ戦の順位は落ちましたがJリーグカップで、準優勝。

クラブ史上最高の成績を残し、昨シーズンからの手応えは、確かなものになりつつあります。

2020シーズンは、ペトロヴィッチ監督の就任3年目。チームの中心選手として、さらに結果を出さなくてはいけないと強く感じています。

福森晃斗選手

(自分は)言葉で引っ張っていくタイプではないので体を張って守備をしたり、良いボールを供給するなどしっかりプレーでチームを鼓舞し続けたい。もっとチームを背中で引っ張っていきたい。


チームとしては、何かしらのタイトルをとらなければいけないし、リーグ戦の順位で言えば、ACLを目指す中で最低でも5位以内に入らなければいけないチームになってきてると思う。来シーズンは、目に見えるところの結果っていうのを出していきたいと思います。

ことしで27歳になる福森選手。来シーズンは日本代表にも入りたいと意欲的に話していました。今後は、体のケアをしながら、来年1月中旬にタイのチェンマイで始まるキャンプで本格的に練習を再開します。

2020シーズン、レベルアップした福森選手のプレーとコンサドーレのサッカーが見られるどうか。今から楽しみです。

細井 拓

平成24年入局 北見、釧路放送局を経て、平成29年から札幌放送局。プロ野球からサッカー、ウィンタースポーツまで幅広くスポーツ取材を担当。趣味は体を鍛えること。座った姿勢から倒立できます。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事