読み込み中です...

2019年9月17日(火)

序盤に狂った歯車 松田瑞生 苦い敗戦 MGC女子

東京オリンピックのマラソン日本代表を決める一発勝負・マラソングランドチャンピオンシップ。2位までに内定が出るこのレースで、女子の本命と目されていたのが松田瑞生選手でした。しかし、望んだ結果を得ることはできませんでした。

スタートの2キロで出遅れる

予想外のハイペース。序盤にリズムを乱されたことが最後まで響きました。持ち味の爆発的なラストスパートを見せることなく4位に沈んだ松田瑞生選手。その歯車は序盤に狂いはじめました。

一山麻緒選手(右端) 松田選手(右から2番目)

レースは最年少の一山麻緒選手が先頭に立ち、最初の5キロの通過タイムが16分31秒と日本記録の平均ペースと同等の入りとなりました。レース2日前、「誰かが飛び出すことはなく、絶対にだんご状態になる」と笑顔で話し、後半勝負と読んでいた松田選手は予想外のペースに序盤の2キロ手前から遅れ始めます。

まさかの展開に「焦ってしまった」と松田選手。それでも「先頭集団はペースが速いからいずれ落ちてくる」と自分のペースで走り続けました。5キロから10キロの間で先頭集団のペースが落ちると松田選手の読みどおり10キロ手前で集団に追いつきました。ここからが松田選手のレースになるはずでした。

一度は追いつくも・・・戻らないリズム

しかし、15キロすぎに再び先頭のペースが上がると松田選手はついて行けません。何が起きていたのか。

これまで2回のマラソンで日本選手に負けたことがない松田選手は、ともに自分のペースでレースを進めていました。しかし、この日は「序盤の想定外のペースに焦ってしまい、リズムに乗れなかった」と歯車がかみ合っていないことを松田選手自身が感じ取っていました。

ここまで15キロ、同じペースを守っているようで自分の走りには程遠い内容。序盤に狂ったリズムが戻ることはありませんでした。先頭のペースが上がっても追うのが精いっぱいで、代名詞とも言えるスパートの足は残っていませんでした。

最後の挑戦に向けて 笑顔を取り戻せるか?

レース後、「想定外の展開で自分の弱さを知った。惨敗です」と泣きながら話した姿は、これまで取材してきた笑顔の松田選手とはあまりにもかけ離れたものでした。

東京オリンピックの代表枠は残り1つ。その枠をつかみ取るためには、来年3月まで行われる3つの対象レースで自身が持つ2時間22分23秒の記録を更新しなければいけません。今後について聞かれると「今は気持ちが落ち着かないので一度休んでから考えたい」と絞り出しました。

「夢」と語っていた東京オリンピックを前に土俵際まで追い詰められた松田選手。夢をつかむためにはもういちどあの笑顔を取り戻すことが何より必要だと思わせる苦い敗戦となりました。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事