読み込み中です...

2019年9月17日(火)

鈴木亜由子 リミットと向き合いつかんだ五輪切符 マラソン女子

東京五輪マラソン代表の選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。本命にあげられながら2位となった鈴木亜由子選手。自分のリミットと向き合いながら、なんとかつかんだオリンピックの切符でした。

あの時についていったら、2位にはなれなかった

序盤からハイペースで進んだレース。ライバルと見られていた松田瑞生選手らが遅れる中、鈴木選手は先頭集団に淡々とついていました。ところが、20キロ付近で前田穂南選手がペースを上げると差はみるみると広がります。

鈴木亜由子選手

ついていくよりは自分のペースで走っていった方が、後半に足が残るんじゃないかと。あの時についていったら、2位にはなれなかった。

そう判断した鈴木選手にとって、後半は我慢のレースとなりました。トップとの差は広がり3位の小原怜選手から追い上げられる展開。フィニッシュではわずか4秒差にまで迫られる薄氷の戦いを制し、オリンピック代表の切符をつかみました。

リミッターを外せるかどうかが鍵に

鈴木亜由子選手と高橋昌彦監督

フィニッシュしたあと、指導する高橋昌彦監督とすぐに話したのが、オリンピックを見据えた「練習の転換」でした。

中学生の時から天才ランナーと呼ばれてきた鈴木選手は、持ち味のスピードがもろ刃の剣となり、足への大きな負担となってけがの連続。3年前のリオデジャネイロオリンピックでは大会直前に疲労骨折した苦い経験があります。

リオデジャネイロオリンピック 陸上 女子 5000m 予選 (2016年)

「東京オリンピックで雪辱したい」とマラソンに転向したあとも、足の故障を避けるため、みずからにリミッターをかけ、レースには無理に出ず、合宿でもけがを警戒して負荷をかけるトレーニングは慎重に慎重を重ねて行ってきました。

その結果、鈴木選手はオリンピックの切符を確実に手にしましたが、前田選手に完敗した2位での内定に今の自分の限界を突きつけられることになったのです。

レース後に飛び出した「練習の質を上げる」宣言。高橋監督は、鈴木選手に距離走のペースを速めることなどを提案し「来年は勝負しよう。リスクも覚悟で厳しい練習をやっていこう」と語りかけていました。これに対し、鈴木選手も「継続して練習できたことは収穫だったが、質という部分ではまだ上げていけると思う。まだまだレベルアップできる余地は残っている」と力を込めました。

最大の持ち味という「我慢強さ」を武器に厳しいトレーニングを。来年の東京オリンピックで活躍するためには、鈴木選手がリミッターを外せるかどうかが鍵になりそうです。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事