読み込み中です...

2019年9月17日(火)

中村匠吾 勝敗分けた「3段ロケット」 MGC男子の駆け引き

東京オリンピックのマラソン日本代表の選考レースで、トップの座をもぎ取ったのは日本記録保持者など「4強」と呼ばれる選手たちではありませんでした。男子のレースを制した富士通の中村匠吾選手。日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、彼の走りを「3段ロケット」と表現。そこから勝敗を分けたポイントが見えてきました。

レース序盤は予想外の展開

男子のレースは、前の日本記録保持者、設楽悠太選手が序盤、1キロ3分を切るハイペースで入り、独走状態に。設楽選手と言えば自分の感覚を大事にして走る「天才肌」のランナーです。

前々日の記者会見で「どれだけ自分のリズムで走れるかがカギになる」と話していたとはいえ、レースの解説者や取材する記者たちが集まるメディアルームにどよめきが起き、一時は2位集団に2分以上の差を付けました。

しかし、設楽選手は30キロ地点から失速。その設楽選手をじわじわと追い上げてきたのが日本記録を持つ大迫傑選手や大迫選手とともに「4強」と呼ばれている服部勇馬選手らでつくる2位集団。その中に中村選手もいました。


1段目の点火は40キロ付近

その2位集団が37キロすぎで設楽選手を追い抜いたあと、1つめの勝負どころが待っていました。40キロ付近にある厳しい上り坂。そこにさしかかる前から中村選手が1回目のスパート。

「非常に余裕を持って走れていたので、坂を利用して前に出れば抜け出すことができるのではないかと思って、仕掛けました」と中村選手。

ここからは飛び出した中村選手、服部選手と大迫選手、3人の争いに。

ライバルを振るい落とす2回目のスパート そして、とどめの3回目

41キロ付近、トップを走る中村選手に大迫選手が追いつきますが、その直後、建設中の新国立競技場のそばを通る短い上り坂で2回目のスパート。このとき足をつっていたという大迫選手が次第に離れ始めます。

そして、明治神宮外苑にさしかかったところでとどめのスパート。まさに瀬古プロジェクトリーダーがいう「3段ロケット」で、後続を完全に振り切りトップでフィニッシュしました。

中村選手はレース後「大迫選手が追いついたときに焦りはあったが、試走の時に、残り800メートル地点に上りがあるので間違いなくポイントになると思った」と話し、冷静に勝負どころを見極めていたことが勝利につながりました。

中村選手は勝因について「レース前から4強の選手たちが注目される中、自分にはプレッシャーがなかったことも大きかった」と話していますが、これからは東京オリンピックの代表として大きな注目が集まる存在になります。

瀬古プロジェクトリーダーも「中村選手はプレッシャーがなかったから勝ったようなもの。これからは注目されるのでそうはならない。マークされるから。走ることと同じように、心も鍛えてほしい」と厳しいことばで中村選手にエールを送っていました。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事