読み込み中です...

2019年9月15日(日)

「予定どおりのレースできた」 男子マラソン五輪内定 中村匠吾

MGCの男子のレースで優勝し、東京オリンピックの代表に内定した中村匠吾選手がレース後の記者会見に臨み「うまく余力を残し、最後に仕掛ける予定どおりのレースができた」と満足そうにレースを振り返りました。


ねらいは40キロ付近

暑い中でのレースに自信があったという中村選手は、最も急な上り坂がある40キロ付近で仕掛けるというレース前のねらいどおり、坂の手前でスパートをかけて逃げきりました。

中村選手は会見の中で最後の1キロ付近で3位の大迫傑選手に一度、追いつかれた場面で「正直焦りはあった」としながらも「コースを試走したときに最後の800メートルに上りがあるので、間違いなくポイントになると考えていた。うまく余力を残しながら最後仕掛けることができたので、予定どおりのレースができた」と満足そうにレースを振り返りました。

そのうえで、「あすが27歳の誕生日なので最高の誕生日プレゼントになった。ここから1年、オリンピックに向けて精いっぱいがんばっていきたい」と笑顔で話しました。

会見の翌日の中村匠吾選手 ケーキを前にピースサイン

上り坂には自信があった 2位・服部勇馬選手

また2位で代表に内定した服部勇馬選手も会見に臨みレース終盤での争いについて「上り坂についてはずっと対策をしていたので自信を持って臨めた。途中で前の2人と20メートルぐらい差が開いたが、上り坂がありチャンスはあると思っていた。気付いたらゴールの手前で無我夢中で走っていた」と振り返りました。

服部勇馬選手


そのうえで「東京オリンピックを目指したのは大学4年の時で、その舞台に立ちたいと思ってマラソンを始めた。その目指していた舞台、スタートラインに立てることはうれしい」と喜びを語りました。

中村指導の大八木監督「ほっとしています」

大八木弘明監督(右)

中村匠吾選手を大学時代から指導している駒澤大学陸上競技部の大八木弘明監督は「オリンピックに出る選手を育てるのは初めてで、ほっとしています。さらに東京でのオリンピックなのでうれしく思っています」と喜びを語りました。

また中村選手が7月末にけがをしていて10日間ほど走り込めていなかったことについて触れ「けがの不安もあったが、陸上に対する思いや絶対にオリンピックに出るんだという気持ちが強かったので、『自信持っていけよ』と送り出しました。代表に選ばれて、これからプレッシャーがかかると思うので、つぶされないように周りのスタッフとサポートしていきたい」と話しました。

陸連「選考方法高く評価」

日本陸上競技連盟はレース後に記者会見を開き、尾縣貢専務理事は選考レースについて「最終的なレースの評価は東京オリンピックの男女のマラソンが終わったときにされると考えている。ただ選考がすっきりしたのは現時点で高く評価できる」と話しました。

そのうえで「このシステムというのは、盛り上がりだけではなく選手の強化の面でも機能したと感じる。この要素をどのように今後に反映させていくかは私たちの課題だ」と述べました。

また瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「指導者にとっても選手にとっても貴重な体験となり、強化につながっていくのではないかと思う。プレッシャーのかかる中でのレースは人間的にも、競技的にもものすごく成長につながるのではないか。これからも近い形で継続していただきたい」と話しました。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事