読み込み中です...

2019年9月13日(金)

42.195キロを満喫する!世界のおもしろフルマラソン

42.195キロという長い距離を走る「フルマラソン」。なんだか過酷でつらそうなイメージがありますよね。でも、そんな長距離だって楽しみながら走れちゃうユニークな大会が、世界では数多く開催されているんです!
そこで今回は、大自然の絶景から観光スポット、美味しいグルメまで楽しめちゃう、世界のおもしろフルマラソンをご紹介します。

思わず参加したくなる!世界のおもしろフルマラソン4選

それでは早速、世界で開催されている4つのおもしろフルマラソンを紹介していきます!

ワインを飲みながら!?メドックマラソン(フランス)

マラソンもまずは乾杯!ということで、一つ目は赤ワインで有名なボルドー、メドック地方を走るフルマラソン。22カ所の給水所ではワインが振る舞われるだけでなく、オイスターやチーズ、ステーキなどの軽食までつまめちゃいます!開催する9月はまだ気温が高いので、ワインだけでなく水分もしっかりとって楽しみましょう。

くれぐれも飲み過ぎにはご注意ですが、本当においしそう~!!ということで編集部は実際に参加した人に感想を聞いてみました!

メドックマラソンの様子

「もともとマラソンは得意ではなかったのですが、メドックマラソンにどうしても参加したくて週2回のランニングを1年ほど続けてから念願の参加!スタートから20キロ地点くらいまでは、大会の雰囲気とワインを飲める喜びで疲れもなく走れましたが、後半は走るのがしんどくなりほとんど歩いていました…。砂利道や坂道など足場があまりよくないので普通のマラソンよりも 体への負担は大きいかもしれません。ただ、20カ所以上で飲めるワイン、終盤には牡蠣やアイスがあるので、気持ちでがんばれちゃうと思います。走りきった後は感動のあまり泣いてしまうくらい素晴らしい大会でした!」
(30代 男性)

世界遺産を満喫!ローママラソン(イタリア)

ワインでほろ酔い気分になった次は、世界遺産の国・イタリアのローマ市街地を走るフルマラソンで名スポットを巡りましょう!世界遺産のコロッセオ円形闘技場を背に、ベネチア広場からスタート。そしてコース上には、トレビの泉やナボナ広場、サン・ピエトロ寺院など20カ所以上の歴史的な観光スポットが満載です。

ローマでも有数の観光名所として知られるトレビの泉

出場するからには完走を目指したいですが、街並みを眺めつつ陽気なイタリア人と楽しく走るのも醍醐味ですね。

大自然に感動!マウイ・オーシャンフロント・マラソン(ハワイ)

活気ある街中を走るのも楽しそうですが、美しい自然の中を走るのもまた違った楽しみが味わえます!マウイ・オーシャンフロント・マラソンは、なんとコースのほとんどが海沿いという、リフレッシュできること間違いなしのマラソンです。また、開催時期の1月はホエールウォッチング(鯨類やイルカ類を、自然の中で観察する観光の一種)のシーズンなので、走っている途中に鯨が見えるサプライズもあるかも!?海風に当たりながら、肩の力を抜いてゴールを目指しましょう。

美しすぎる~と、いうことで再び編集部は参加者に感想を聞いてみました!

「私にとって初めての海外マラソンでした。スタートはまだ日が昇らない6時台。まず驚いたのが、走り出す前にアメリカの国歌をみんなで歌うこと!日本ではなかなか見ない光景でした。スタートから20分ほどすると、空がだんだんと明るくなり、すぐ横に広がる海がハッキリと見えてきます」

こちらが実際に走っているお写真。ハワイの海と空が美しい

「そんなマウイの雄大な景色をバックに海を眺めながらのランは、日本では味わえない大自然を堪能できました!」
(40代 女性)

食い倒れ!?台南古都国際マラソン(台湾)

たくさん走って体もヘトヘト、お腹もすいたな〜…

ということで、最後はグルメランで、お腹も心も満たされましょう!最後に紹介するのは、いろいろな台湾グルメを楽しめる、まさに食い倒れの旅といっても過言ではないフルマラソンです。

7.5キロ地点から5キロごとに設置されている補給食スポットでは出店が並んでおり、鶏の丸焼きや水餃子、台湾スイーツなど食べることができます。

台南孔子廟(たいなんこうしびょう)

もちろん、グルメだけではなくコース上には台南孔子廟(たいなんこうしびょう)など歴史的な建造物もあり、まさに台湾を満喫できるフルマラソン!食べ過ぎないようにしつつ、景色も観ながらゴールしましょう。

こんなに楽しそうなフルマラソンが世界で開催されているなんて、つらそうな長距離走のイメージが少し変わりますよね。実は、日本国内でも年間約70もの日本陸上競技連盟が公認しているフルマラソン大会が開催されているんです。長距離でもマラソンってなんだか楽しそう!と思った方は、気になった大会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事