読み込み中です...

2019年8月22日(木)

「球数制限」を考える ①名将・髙嶋仁さんの悔恨

ことしも熱いドラマの連続となった高校野球。しかし同時に、熱戦が続けば続くほど、選手の疲労やケガを心配する声が上がっています。

特に議論に上がるのが、ピッチャーの投げ過ぎを防ぐ「球数制限」という言葉。

高野連も有識者会議を発足させ、けが防止のための具体的な検討を開始。令和2年春のセンバツ(後に新型コロナウイルスの感染拡大のため中止)から「球数制限」が実施されることになりました。
この「球数制限」は果たして選手を守る決め手になるのか。
令和元年夏のサンデースポーツ2020の特集をもとに、2回シリーズで考えます。

第1回は、長く高校野球を指導してきた智弁和歌山高校の元監督・髙嶋仁さんに話を聞きます。髙嶋さんの考えの元にあるのは、今も後悔が残るというある苦い経験でした。

高校野球を揺さぶる球数制限問題

「球数制限」の議論が広がるきっかけの一つとなったのが、去年夏の高校野球。準優勝した秋田の金足農業高校のエース・吉田輝星投手(現・日本ハム)はこの夏、甲子園決勝までに1人で881球を投げました。その力投でチームを決勝まで導く姿は多くのファンを沸かせましたが、同時に「けがをしてしまわないだろうか」と心配する声もあがりました。

そしてこの夏。

プロ注目の大船渡高校・佐々木朗希投手が岩手大会の決勝で登板せず、チームは破れ甲子園出場を逃したのです。「佐々木投手の故障を防ぐため」という監督の判断は大きな議論を呼びました。

投手の故障防止と、チームの勝利をどう両立させるか。

高校野球の名将として知られる髙嶋仁さんに話を聞くと、今の議論に感じているという違和感を語ってくれました。

「球数制限ありき」への違和感

髙嶋仁さん

僕はね「ちょっと騒ぎ過ぎちゃうかな」って、そう思うんですよね。例えば100球と制限をつけると、やっぱりみんな勝つために「変な事」考えますよ。例えばひとりのバッターがファールとかで10球粘ったら、3イニングで100球近くになりますからね。3イニングで相手のピッチャーを下ろそうってことが、ルール上できるわけですよね。

髙嶋仁さん

僕が卒業したピッチャーにいろいろ話を聞くとね、球数の話よりもむしろ「登板間隔をあけてほしい」っていう子が結構多いんですよ。連投が辛いと。3連投、4連投になってくると本当に辛いって言うんです。


髙嶋さんは監督時代、一人の投手が連投を続けることがないように、複数の投手で戦う野球を心掛けチーム作りをしてきました。

そのきっかけともいえる過去の苦い経験を、自戒の念を込めて語りました。

平成8年センバツ 痛恨の記憶

平成8年、春のセンバツ高校野球で髙嶋さん率いる智弁和歌山は決勝に進出。マウンドに立っていたのは、当時2年生だった高塚信幸投手でした。

高塚投手は決勝までの5試合すべてに登板。特に2回戦から決勝までの4試合は延長を含め4連投。投げた球数は712球にのぼっていました。

髙嶋仁さん

当時チームにはもう1人ピッチャーがいたんですけど、その子はセンバツ前に肘を痛めて投げられなかったんですね。それでもう、高塚、高塚で行ってしまったんです。

連投の末、肩を痛めた高塚投手。それ以降は故障に苦しみ、のちにプロ入りこそしたものの若くして引退。投手として輝きを取り戻す事はありませんでした。

「高塚投手のことは、髙嶋さんにとっては痛恨の思い出なのでしょうか。」

そう質問すると髙嶋さんは頷き、こう答えました。

髙嶋仁さん

高塚の経験があったので、これからのチームは複数のピッチャーでいこうと。勝っても負けても複数のピッチャーでいこうと心に決めました。5人、6人とピッチャーを用意して戦う、そう考えて監督をやってましたね。

甲子園は夢の舞台だから

髙嶋さんは自分自身、そして教え子の苦い経験から「1人の投手に頼らないチーム作り」を進めてきました。さらに、実践してきたこととして、「ピッチャーの異変にいち早く気づくこと」を意識してきたと言います。そのために必要なのは、監督である自分の目だけでなく、ボールを受けるキャッチャーをはじめとした「複数の目」でピッチャーを見ることだったと言います。

それだけ投手の故障に気を配るのは「甲子園」が、高校生なら誰もが夢みる、何者にも代え難い舞台だからです。

髙嶋仁さん

ほんまにこういうところでゲームができるのは、もう幸せっていうかね。甲子園はなんぼ苦労してでも出てくるとこだと思いますね。

その一方で、この髙嶋さんの考えが万能ではないのも事実です。チームに複数のピッチャーをそろえることができるのは、智弁和歌山のような一部の強豪校だけで、普通の高校には難しいという声もあります。

「投手を故障から守るためには、球数制限以外にも目を向けるべき大事な事がある」。

医学の見地からそう指摘する人がいます。


(次回に続く)

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事