読み込み中です...

2019年8月20日(火)

課題を克服し、いざ世界のトップへ パラテコンドー 田中光哉

東京パラリンピックのテコンドー代表候補である田中光哉(たなか・みつや)選手。生まれたときから手に障害がある田中選手ですが、週に6日一般の選手と一緒に練習に励んでいます。

テコンドーを始めたのは2年前。わずかな期間で急成長し、現在世界ランキングは5位。持ち前の俊敏性を生かした難易度の高い得意技「360度回転蹴り」で、メダルを狙います。東京パラリンピックで世界のトップに立つために、課題に立ち向かう田中選手のトレーニングの様子に迫りました。



※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年5月6日放送「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事