読み込み中です...

2019年8月13日(火)

大越健介 ソフト日本代表藤田倭のボールを受ける!特訓編あなたのボール受けさせてください!

サンデースポーツ2020の名物(?)不定期企画、「キャッチャー大越の『あなたのボール、受けさせてください!』」。今回は初の「ソフトボール」編!日本代表のエース候補、藤田倭(やまと)選手のボールを受けてその真髄に迫ります!

…その前に。野球経験者とはいえいきなりソフトボールの代表選手の球を受けられるか、ちょっと不安な大越キャスターは、まず高校ソフトボール部の練習にお邪魔して特訓することに。

さて、その成果はいかに・・・。

ソフトボール初挑戦!でも不安です

6月某日。

「パンッ!パンッ!パンッ!」

サンデースポーツ2020班のオフィスにはキャッチャーミットにボールを打ち付ける音が響いていました。その音の主はもちろん大越キャスター。職場でも度々ボールとミットを手にしているのはいつものこと(!)なのですが、ソフトボール藤田投手のボールを受ける企画が決まってからはその頻度が上がっているような…。

これまで楽天・岸投手や引退前の巨人・上原投手のボールを受けてきたとはいえ、今回の相手はソフトボール日本代表。ボールもその軌道も全く異なる競技への挑戦に、不安が高まっていたのです。見かねた担当ディレクター。大越キャスターに声をかけました。

「大越さん、練習しましょう!」

強豪校の練習に潜入!

ということでディレクターと大越キャスターがやってきたのは、東京・板橋区にある淑徳高校。淑徳高校ソフトボール部は、今年創部60周年で関東大会に出場した「強豪校」。今回、担当ディレクターが卒業生というご縁でご協力いただけることに。

この日はインターハイ予選直前、練習は緊張感に満ちていました。大事な時期にご協力いただき、本当に感謝です!

練習を見させていただく大越キャスター。ここで発見が。

大越健介キャスター

ソフトボールのミットは野球のキャッチャーミットとやっぱり違いますね。ボールが大きいから、細長い形で捕れるようになってる。野球のファーストミットに近い感じ。

最速90キロのエースと練習!

全体練習がひと段落したところで、いよいよキャッチャー大越の出番!投球練習のキャッチャー役として参加させてもらいます。

投げるのは3年生でエースの今関菜々子さん。最速90キロの速球と緩急をつけたチェンジアップが武器です。キャッチャー大越もプロテクターをつけ、いざ、練習開始!

その様子は動画でお送りします!

いざ本番へ!いい音をさせて捕れるか!

練習を重ねているうちに、徐々に慣れてきたキャッチャー大越。

「よいしょー!ナイスボール!」

よく声も出ています!

そうして練習終了。今関さん、淑徳高校のみなさん、本当にありがとうございました!

練習を終え、ディレクターから質問。

「大越さん、日本代表の球、捕れそうですか?」

大越キャスター

だいぶ捕れるようになってきたんですけど、せっかくいいボールが来ても、バシッといい音で捕れない。でも、今日の淑徳高校のみなさんとの練習を生かして、藤田投手のボール、しっかり捕りたいです!

そしておよそ1か月後、ソフトボール日本代表の合宿に潜入取材!藤田投手に挑戦します!


(次回、挑戦編に続く)

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事