読み込み中です...

2019年7月12日(金)

サッカー 杉岡大暉 「ポスト長友」へ武器は左足Road to Tokyo/Qatar 第4回

2020年の東京オリンピック。そして2022年のワールドカップ・カタール大会へ。日本サッカーの未来を背負う若き選手たちに迫るシリーズ、「Road to Tokyo / Qatar」。

今回取り上げるのは、J1湘南ベルマーレの杉岡大暉選手、20歳。身長1メートル82センチの大型ディフェンダーです。5月に初めて年齢制限のない日本代表に選ばれました。東京オリンピック世代として急成長を遂げる日本代表の新鋭が持つ大きな武器。それは、「左利きの左サイドバック」であるということです。

「ゴリブラー」杉岡大暉

今、Jリーグで最も「熱い」選手の一人、杉岡大暉選手

クラブでのニックネームは、「ゴリブラー」。体格を生かしたパワフルなドリブルに、ピンポイントで合わせるクロスボール。そして、昨シーズンのJリーグ杯決勝で見せた強烈なミドルシュート。

Jリーグ杯決勝でのミドルシュート

持ち味の攻撃力で、ベルマーレに初タイトルをもたらしました。

ことし5月には年齢制限のない日本代表に初めて選ばれ、コパアメリカでは左サイドバックのポジションで全試合にフル出場しました。

南米の強豪が集まる大会でフル出場

中でも輝いたのは強豪・ウルグアイとの試合。左サイド深くに侵入し、GKと味方FWとの間へ絶妙のクロスボールを上げます。このこぼれ球を三好康児選手が押し込みゴール。杉岡選手の攻撃参加が、勝ち点獲得につながりました。

この時、クロスを蹴った足は、左足。これこそが杉岡選手の武器です。

長友佑都(左)と駒野友一(右)

日本代表の左サイドバックといえば、長友佑都選手駒野友一選手など、もともと右利きだった選手たちが長らく務めてきました。杉岡選手は日本に久しぶりに現れた、左利きの左サイドバックなのです。

杉岡大暉選手

「身長があって左利きというサイドバックの選手は、世界的にみても少ないと思いますし、その『素材』の部分は自分の武器だと思います。ずっと代表の左サイドを任されてきた長友選手のことは、越えたいと思いますし越えなきゃいけないと思います。」

左利きの左サイドバックはなぜ重宝される?

左から、マルセロ、J・アルバ、L・エルナンデス

強豪チームでは、多くの左利きの選手が左サイドバックとして存在感を示しています。

去年のワールドカップでも、ブラジル代表にはマルセロ。スペイン代表にはジョルディ・アルバ。優勝したフランス代表では23歳のリュカ・エルナンデス。みな左利きの左サイドバックです。

左利きの方が、進行方向に向いたままクロスボールを上げることができるという利点があります。しかし、理由はそれだけではありません。

湘南のチョウ監督が杉岡選手を見出した

「左利きで生まれてきたこと、そのものがひとつの特徴になる事は間違い無いと思います。」

そう語るのは、杉岡選手の所属する湘南ベルマーレのチョウ・キジェ監督。それまでディフェンスの中央でプレーしていた杉岡選手を、初めて左サイドで起用したのがチョウ監督でした。

チョウ・キジェ監督

「世の中、右利きが圧倒的に多い中で、左利きのサッカー選手はボールを持った後の視野が広い。右利きの選手よりも色んな事が見えている、そういう選手が多いと僕は思います。」

なぜ左利きだと視野が広がるのか。左サイドの場合、よりタッチラインに近い左足側にボールを置くことができるため、ボールを奪われにくくなります。しかも杉岡選手は身長が高く懐が深いので、相手との距離を保つ事ができます。

余裕を持ってボールをキープする事ができる分、目線を上げて周囲の状況を確認することができるというのです。

攻撃でも守備でも

少年時代から左足でボールを蹴ってきた

実は杉岡選手は、文字を書いたり食事をするのは右手。しかしサッカーを始めた5歳のころから、ボールを蹴るのはいつも自然と左足でした。そして今、貴重な「左利きの左サイドバック」として日本代表の未来を担うと期待されるまでになったのです。

杉岡大暉選手

「左利きの左サイドバックという人材はあまりいないという事で、ポジションを争う人も少ないですし、すごく期待してもらっているのもうれしいです。その期待に応えられるよう、自分と向き合ってやっていきたいですね。」

日本代表の「ポスト長友」としての期待を背負う、左利きの左サイドバック・杉岡大暉選手が考える、自身の最終進化形は…。

杉岡大暉選手

「常に成長です。どんな状況でも常に成長し続けたいと思いますし、何歳になっても成長できると思いますから、向上心を持ってずっとやり続けたいです。攻撃でも守備でも効いてる、そういう選手になりたいですね。」

東京オリンピックまで1年。さらに、3年後カタールで開かれるワールドカップ予選も9月からスタートします。杉岡選手の今後のさらなる成長に期待です。



                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事