読み込み中です...

2019年7月2日(火)

人気の炎鵬に"相撲女子"久志本眞子が迫る!「名古屋場所は真っ向勝負で行きたい」

夏場所の土俵で一番多くの拍手を受けたのは、新入幕の小兵・炎鵬だった。惜しくも負け越したものの、7勝の決まり手が六種類と業師ぶりを発揮した。名古屋場所に向けて調整する炎鵬に、「日本一相撲にくわしい女子高校生」のタレント、久志本眞子さんがインタビューした。

横綱・白鵬などと交流があって宮城野部屋は顔なじみの眞子さんは、炎鵬とも入門のころからの知り合い。相撲への思いのほか、食べのものの好き嫌い、好きな女性のタイプなど、炎鵬のプライベートにも切り込んだ。

前日に対戦相手を見て勝ち方が浮かぶことがある 幕内力士は落ち着いて見えて怖くなる

──関取はいろいろな技を持っていますが、どういう相撲を取るかはいつ決めるんですか。
前日に相手が決まって翌日の相撲を想像をすると、ぱっと勝ち方が浮かぶことがあるんです。頭の中で何回もイメージしてみても「負けない!」ということが。それが浮かばないときは、動画を見て、立ち合いにどう来るのか、手のつき方とか、足の幅とか距離とかを確認します。

それでも作戦がぎりぎりまで浮かばず、土俵に上がってから浮かぶこともあります。時間制限いっぱいの仕切りで、こっちを差せそうだとか、こっちの足を取りに行こうとか。これは勘ですね。集中していればしているほど勘は鋭くなります。逆に土俵下に入っても頭がぼうっとして作戦が浮かばないことや集中できていないこともあります。それでも土俵に上がるとスイッチが入ります。

集中していればしているほど相撲勘は鋭くなる

──立ち合い合わずに「待った」になったときは、作戦を変えるんですか。
これは難しいんですよね。特に夏場所で初めて経験したんですが、幕内はうまさと落ち着きが違いますよ。十両は、力、技、スピードで必死に戦っている感じですが、幕内の力士は落ち着いています。

──幕内はそういう違いがあるんですか。
十両のときはこっちの方が冷静で、相手は力が入っているなとか、熱くなっているなとかわかりましたが、幕内にはそういう人はほとんどいない。落ち着いて見えるので怖くなってくる。

10日目に栃煌山関に負けたときは、自分のイメージと実際の相撲が全くずれてしまい、なぜ負けたか分からず本当に怖いと思いました。

体重が増えにくく やせやすいのが悩み 苦手な食べ物は無茶苦茶たくさんあります

西日本大学選手権2部個人(1年生:平成25年) (左から)優勝宇良(関西学院大)2位炎鵬 3位兄文哉さん

──炎鵬関は体重が99キロで関取で一番軽いのですが、体重は増えにくいほうなんでしょうか。
増えにくいし、やせやすい。夜食べて3キロ太って寝ても、朝起きたらもう戻っている。どこにいったかわからない。

──私にはうらやましいくらいですが(笑)。
だから食べるのが嫌なんです。きつい思いをして夜食べても、朝ひとつも身になっていない。ちょっとでも増えていたら、うれしくて食べ続けるんですが。

体重が増えにくくやせやすいという炎鵬に 「私にはうらやましいくらい」

──パワー飯ってありますか。
卵ですね。

──どんな食べ方が好きですか。
卵は何でもですね。ゆで卵に卵かけご飯、卵焼き。本当はオムレツとかも食べたいんですけれど、自分で料理できないから。

──やろうと思わないんですか。
思わないですね。面倒くさいです。

──食べられないものはありますか。
無茶苦茶たくさんありますよ。アンコにドライフルーツ、きのこ類に豆類。奥さんになる人はかわいそうなくらいです。

──スイーツは好きですか。
スイーツは好きです。クレープとかプリンとか。たくさんは食べられないですけれど。

──辛いのは。
全然だめです。辛口のカレーが食べられない。中辛になったらだめ。口が子どもなんですよ。

──もらってうれしいプレゼントはなんでしょうか。
美容グッズですね(笑)。ハンドクリームとか、ちょっと高級な洗顔とか、ボディソープとかいいですね。

──でもファンからもらうのは食べ物が多いでしょう。
8割はお菓子ですが、2~3個でいいですね。やはり美容グッズがいいですよ。パンツとか入っているのもいいです(笑)。使えるものがいい。ブランドはわからないですからお任せします。

──趣味はなんでしょうか。
ない。

──ないんですか。映画を見るとかは。
ないです。ただ、たまには息抜きというか、そういうのに触れるのも大事だと思う。そうじゃないと相撲馬鹿になっちゃうし。

──いつも聞く質問なのですが、好きな女性のタイプは。
ウ~ン寝起きのいい人ですね。朝は大事だと思うんですよ。朝機嫌が悪い女性は嫌ですね。

──なにか経験があるんですか。
ないですけれど。起きたらびしっとしているほうがいいですよね。

──見た目はどうですか。
歳を取っても美しさに気を配る人がいいです。ずっと女性でいてほしいです。あとは人前に出たときにしっかり出来る人がいいですね。

──好きな女優さんは。
南海キャンディーズの山ちゃんが結婚しましたが、蒼井優さん。

──あの人は相撲が好きらしいですね。
結局私の場合は、歳上でないとだめですかね。自分がこんなに子どもなので。でも彼女がいない時期が長すぎて、どんな人がいいかと言われても、イメージできないですね。

──ものすごい人気ですから、全国に立候補者はいっぱいいるでしょう。今一番のモテキじゃないですか?

小学校3年生のころバレンタインデーにチョコを10個くらいもらったことがあって、そのとき以来かな(笑)。

──彼女を見てみたいですね。
できたらすぐに紹介するよ。

名古屋は勝負の場所 真っ向勝負で行きたい

──相撲の話しに戻ります。ケガの具合はいかがですか。
夏場所の13日目に痛めた右足の肉離れについては場所までの調整です。それより春場所に痛めた右肩のほうが心配です。首も1年前にヘルニアになって、新十両のとき力が入らなかったのですが、それもまだ完全に治っていなくて。

──名古屋場所に向けての決意をお願いします。
本当に勝負の場所と思っています。数字的なことはもう言わないです。夏場所前には10勝とか言いましたが、先ばかり見て目の前が見えていなかった。1日一番、自分の相撲を取り、力が出し切れれば結果はあとからついてくる。そして真っ向勝負で行きたい。

まわりからは「立ち合いで変わったら」とも言われますが、僕のスタイルなので真っ向勝負かなと。今は逃げるときではないと思うんです。時々変化を見せるのも一つですけれど、基本はまっすぐ行って自分の力をつけることが大事です。自信を持ってやることだと思います。

宮城野部屋の昇進パーティーで、兄弟子の横綱・白鵬(左端)らと

──同じ部屋の横綱白鵬関の土俵入りで、太刀持ちか露払いの仕事がありますね。
そう、それがあるんです。緊張で相撲どころじゃないかもしれない。横綱土俵入りが終ったらすぐ取組ですからね。初日はガチガチで、足がプルプルしているんじゃないでしょうか(笑)。

──これも名古屋場所の見所ですね。ありがとうございました。

インタビューを終えスマートフォンでカシャッ

《眞子のひと言》

炎鵬関は自分の次の課題がしっかり見えているようで、名古屋場所は期待できそうです。持ち味のいろいろな技を見られるような気がします。横綱との土俵入りも楽しみです。

久志本眞子(くしもとまこ)

生年月日:2003年8月28日

趣味:スポーツ観戦(特に相撲、野球)、ドラム

特技:十両以上の力士は全員「しこな」が言える。バイオリン

好きな言葉:夢

ミュージカル出演などを経て、最近は相撲関連の出演多し。 話題の「中学生最強相撲女子」は、4月から高校生になりました。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事