読み込み中です...

2018年11月29日(木)

羽生結弦 グランプリファイナル欠場へ

フィギュアスケートの羽生結弦選手が右足首のけがのため、12月に開かれるグランプリファイナルを欠場することになりました。

11月のロシア大会で右足首をけが

羽生選手は、11月に開かれたグランプリシリーズのロシア大会の演技の前の練習中、ジャンプの着地の際に転倒し、右足首をけがしました。

羽生選手は、大会にはそのまま出場して優勝し、グランプリシリーズの上位6選手が出場権を獲得するグランプリファイナルへの出場を決め、大会のあと、「ファイナル出場に向けて全力で治療する」とコメントしていました。

日本スケート連盟によりますと大会後に精密検査を受けた結果、右足首のじん帯の損傷などで3週間の安静とおよそ1か月のリハビリが必要だと診断されたということで、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルを欠場することになりました。

グランプリファイナルの2週間後に大阪で開催される全日本選手権への出場については、態度を明らかにしていません。

羽生選手は、昨シーズンも右足首のけがで全日本選手権を欠場していて、今後の判断が注目されます。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事