読み込み中です...

2018年8月29日(水)

目指せNBA! 田中力選手16歳の旅立ち

男子バスケットボール界に新星が現れました。田中力選手、16歳。
去年、史上最年少の15歳5ヶ月で日本代表候補に選ばれ、将来の日本代表を背負う存在と期待を集めています。
さらに田中選手は、今年大きな挑戦を決断し周囲を驚かせました。進学先として、日本の高校ではなく、バスケットの本場アメリカの名門校を選んだのです。

夢はスーパースターがひしめくNBAの舞台。16歳で家族と離れ単身アメリカへ旅立つまでの日々に密着しました。
(サンデースポーツ2020  8月19日放送から)

16歳、既に地元では有名人

田中選手は犬とバスケットをこよなく愛する

この夏、渡米まで1ヶ月を切る中、田中選手の地元・横須賀に取材に伺いました。
大きな挑戦を前にした、つかの間のオフの時間。田中選手は大好きだという犬と戯れるなど、リラックスした表情。
中学生で日本代表候補に選ばれ、バスケットの本場・アメリカへと巣立っていく田中選手を地元の人たちも見守っています。

地元ファン

頑張ってください!応援しています。仲間に伝えておきますね、うれしいわ!

田中力選手

不安もありますし、緊張もあります。もちろん寂しさも。でも、それらを全部乗り越えなきゃいけないので。

さらなる努力のためにあえてアメリカへ

田中選手は身長1メートル87センチ。
ディフェンスを翻弄する巧みなドリブル。
素早いモーションから放つ正確なスリーポイントシュート。
中学時代から、国内の同世代の中では圧倒的なプレーを見せてきました。

そのプレーは世界でも注目され、世界中の若手選手50人だけが参加できる「NBAアカデミー」のキャンプにも参加。存在感を示しました。

そして、中学卒業後の進学先として選んだのが、アメリカ・フロリダ州にあるIMGアカデミーでした。テニスの錦織圭選手も在籍したスポーツ名門校です。
バスケットでも、これまで100人以上のNBAプレーヤーを輩出しています。

日本の強豪校からも好条件で誘いがありましたが、渡米することを選びました。

田中力選手

自分よりもっと努力している人が絶対いるはずだから、その人を越えないといけないんです。努力して敵わないようだったら、その努力は本当の努力とは言えないんです。

支えとなっているのは母

田中選手は母と兄、3人で暮らしています。
母の礼子さんは田中選手をこれまで一番近くで支えてきました。

母・礼子さん(右)との会話はいつも笑顔

母・礼子さん
「スキンシップがすごいんですよ。背中かいてとか、ここがかゆいんだけどとか。足マッサージして、靴下脱がせてとか。」

田中選手
「いや、それ中2の頃とかの話じゃん!今もやっているように言うんで困りますよ(笑)」

幼少期は米軍基地の中で暮らした

2002年、田中選手は礼子さんとアメリカ軍人の父との間に生まれました。幼いころはハワイや横須賀の基地内に住み、何不自由のない暮らしを送っていました。

小学4年生の時、兄の影響でバスケットを始め、NBAへの憧れを抱くようになります。

しかし、その直後に両親が離婚。母と二人の兄弟は、米軍基地を追われることになりました。

田中力選手

ホームレスまでは行かないんですけど、その時は家がなくて。今日はこの友達の家に泊まって…みたいな感じで、ちょっとしばらくは学校にも行ってませんでした。
友達が登校するのを見てたけど、自分は行けない、みたいな感じで。

心の拠り所になったバスケ、思い出のバッシュ

一変した生活。唯一の拠り所になったのがバスケットでした。

田中力選手

バスケットシューズは、2センチくらい大きいサイズを買って長く履いて、ぼろぼろになったら外で履く靴にしてました。

その中で特に思い入れのある一足があります。
夜遅くまで働きながら、母の礼子さんが買ってくれた一足のシューズ。ずっとほしかった憧れのNBA選手のモデルでした。

田中力選手

うれしかったですね。これ履いてめちゃくちゃバスケしましたし、最後まで使い切りました。多分一番長く使ったと思います。
母は、「自分はどうなってもいいから、僕と兄にバスケを続けさせること、ご飯を食べさせることはするから、安心しなさい」と言ってくれました。

家族のためにアメリカに挑む

女手一つで自分たちを育ててくれた母のために。
田中選手にある思いが芽生えました。

田中力選手

母に、将来家を買って楽にさせてあげたい。そう本気で思っているので。だから、アメリカに行かないとだめだなって。

二人で続けた1on1

バスケットボールで生きていくと誓った田中選手。
小さい頃からずっと練習相手になってくれたのが、3歳年上の兄、シャンサー・ジュニアさんでした。
自分よりも体格のいい兄と練習をすることで、当たり負けしない体と技術を身につけてきました。

16歳の旅立ち

8月16日。アメリカに旅立つ日。
田中選手は気合いのあらわれか、髪を短く切っていました。

田中力選手

ちょっと髪切って、整えてからアメリカに行きたいなと思って。


しかし、見送る礼子さんは息子が旅立つ寂しさで複雑な様子。

母・礼子さん

力は髪は整えたかもしれないけど、私の気持ちは整ってないけどね。

そして別れの時。田中選手がラウンジから出て行きます。

と思った直後、再び戻ってきて礼子さんとハグ。
涙を流していた礼子さんにも、少し笑顔が戻ったようでした。

田中選手
「じゃあ行ってきます。」

礼子さん
「ライン、ちゃんとしてね。You can do it!」

そうして、田中選手を乗せた飛行機はフロリダへ飛び立っていきました。

母・礼子さん

もちろん、すごく寂しいですよ。
けど、その反面うれしい気持ちでもいっぱいです。
とにかくエンジョイしてくれればいい。
エンジョイしたら、結果もついてくると思います。

田中力選手公式インスタグラムより

田中選手はアメリカ・IMGアカデミーに無事到着。
早速、SNSに写真をアップしました。

それは、自分のファンだけでなく、母・礼子さんにも宛てられたもの。
礼子さんは食い入るように田中選手のSNSをチェックする毎日です。

バスケットボールで母を幸せにしたい。

田中力選手、16歳の挑戦が始まりました。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事