読み込み中です...

2018年8月14日(火)

森保監督の軌跡を写真で振り返る!

インドネシアのジャカルタで開かれるアジア大会は、開会式に先立って、サッカー男子の日本代表が14日、初戦に臨みます。日本代表を率いる森保一監督のこれまでの軌跡を写真で振り返ります。

現役時代

サンフレッチェ広島時代 (1992年) 

森保一監督は現役時代、守備的なミッドフィルダーとして、J1のサンフレッチェ広島などでプレーしました。

1994年広島アジア大会 聖火を高く掲げる第1走者の森保監督(写真 右)

1994年に広島で行われたアジア大会では、聖火ランナーを務めました。

「ドーハの悲劇」を経験

1993年 W杯アジア最終予選 日本代表 ドーハの悲劇 (左から8番目)

日本代表としては、1993年のワールドカップアジア予選で、あと一歩のところで初出場を逃した、いわゆる「ドーハの悲劇」を経験しました。

指導者時代

サンフレッチェ広島J1初優勝 (2012年)

現役引退後はユース年代の日本代表のコーチなどを経て、2012年からサンフレッチェの監督に就任し、あわせて3回のリーグ優勝に導きました。

サンフレッチェ広島J1優勝 (2013年)

サンフレッチェ広島J1優勝 (2015年)

日本代表コーチを経て監督に

U-21日本代表監督就任会見 2020東京五輪の指揮官に(2017年)

2020年の東京オリンピックを目指す、21歳以下の日本代表の監督に抜てきされました。

2018年 ロシアW杯 コーチを務めた森保監督(写真 右)

またワールドカップロシア大会でも、日本代表のコーチとして、西野監督を支えました。

日本代表 新監督に就任 (2018年) 

そして、4年後のワールドカップを目指す日本代表監督に就任。東京オリンピックの代表監督と兼任することになりました。森保監督は、東京オリンピックを見据え、21歳以下の代表でアジア大会に臨みます。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事