読み込み中です...

2018年8月4日(土)

稲葉篤紀監督に聞く! これからの侍ジャパン 前編

東京オリンピックまであと2年。野球日本代表の稲葉篤紀監督がサンデースポーツ2020に生出演。番組冒頭、大会の目標を聞くと、「金メダルしかありません」と力強く話した稲葉監督。番組でじっくり語っていただいた内容の全文を2回に分けて公開します。
前編では、稲葉監督の選手視察に密着、チーム作りへの考えについて聞きました。(サンデースポーツ2020 7月29日放送から)

自国開催での監督就任

大越健介キャスター(以下、大越)
ここからは侍ジャパン稲葉篤紀監督に、これからの日本代表の強化のしかたについて聞いていきたいと思います。

副島萌生キャスター(以下、副島)
日本は公開競技であるロサンゼルス大会で金メダル。ただ正式競技になったバルセロナ大会以降は5大会続けて金メダルを取れていません。

五輪での金メダルにはいまだ届かず

大越
稲葉さんはすごい大役を引き受けたと思うんですよ。日本は、集まってくる選手たちの力量からいえば世界トップクラスである事は間違いない。

しかも、自国開催である2020年東京大会の監督ですから、先ほど金メダルを目指しますとおっしゃいましたけど、重圧、プレッシャーも大きいんじゃないですか?

野球日本代表 稲葉篤紀監督

稲葉篤紀監督(以下、稲葉・敬称略)
重圧は非常に大きいんですけど、私の場合はやりがいの方が大きいかなと思います。非常にありがたいお話をいただきました。
東京オリンピックで、野球が実施競技に復活するタイミングで、監督をやらせていただくというのは本当にありがたいですね。

監督になって本当に視野が広がった

副島
では稲葉監督を改めてご紹介いたします。ヤクルトと日本ハムで20年間プレーされました。

2012年 2000本安打を達成

現役通算2167安打、首位打者のタイトルも獲得。
国際大会での経験も豊富で星野監督のもと、北京オリンピックで初めて世界の舞台に立ちました。

2009年、2013年のWBCに出場

2009年のWBCでは4番を任され日本の連覇に貢献。第3回大会でもチーム最年長の40歳で出場。チームを支えました。

大越
ある意味「侍ジャパンを最も多く経験している選手」だったと思うんですけれども、監督という立場になって、見える野球の景色というのは変わってきましたか。

稲葉
ものすごく変わりましたね。選手の時は、まず自分のプレーを一生懸命やろうと考えればいいんですけど、監督になって、チームを勝たせなければいけない。ここが非常に変わりましたね。
なので、ベンチも見なければいけない、プレーも見なければいけない、ピッチャーの方も見なければいけない。見る方向が本当にいっぱいあります。

大越
選手時代もポジションから、ベンチから、色々と気配りをしてみていたと思いますけど、それとはやはり比べ物になりませんか。

ベンチで指揮する稲葉監督

稲葉
なりませんね。監督になって、本当に視野というものが広がりました。

副島
稲葉監督は去年の7月に日本代表の監督に就任。どんなチームを作ろうとしているのか事前に取材してきました。

12球団の試合を視察

稲葉監督は5月下旬から全国の球場を回り、12球団の試合を視察してきました。

稲葉篤紀監督

稲葉

私が行くことによって、侍ジャパンというものを思い出して、あこがれて入ってもらいたいなと。そういうところをシーズン中に意識してもらうのも、私の大事な役目かなと思っています。

球場では、積極的に選手たちに声を掛けます。巨人の坂本選手とは、海外のピッチャーの「動くボール」をどう打つか、意見を交わしました。

この日は、西武・菊池投手、巨人・菅野投手の両エースが先発。開始直後、西武の秋山選手が先頭打者ホームラン。

秋山湘吾選手 先頭打者ホームラン

菅野投手のこの試合のファーストストライクを仕留めました。

稲葉

なかなか1スイング目でしっかりとらえられるというのは、やっぱり技術が高くないとできないと思いますので、素晴らしいですね。相手にとってすごく嫌な1番バッターになるんじゃないかな。

視察で得た情報や感じたことは、この手帳に書き留めています。

監督の手帳

―外には見せられない内容ですか?

稲葉

そうですね、はい。今、12球団見ているので、候補選手というのはある程度書いてありますよ。

次に注目したのが、ホームランリーグトップ、西武・山川選手の打席です。ツーストライクに追い込まれましたが、ボール球に手を出しませんでした。

稲葉

我慢したねー!追い込まれてからバッティングを変えるんですよ。そういうことができるんですね。

山川穂高選手 粘ってタイムリーヒット

フルカウントに持ち込んだあと、コンパクトなスイングでタイムリーヒットを打ちました。

稲葉

すごく器用ですよ。フルスイングばかりでなく、柔らかさも持っている。

そして、ことし巨人の4番に定着した岡本選手。

成長著しい 岡本和真選手

その成長ぶりは稲葉監督も目を見張るものがあるといいます。

稲葉

バットが出る角度というのが非常にいい。角度を持っているという感じがします。打率というよりは、ある程度長打を意識して、大きく育ってほしいと思います。

大谷翔平の代表入りはあるのか?

大越
稲葉さんにスタジオにお持ちいただいたんですけれども、それが先ほどVTRに出てきた手帳ですね。ちょっと見せてもらってもいいですか?

稲葉
中身ですか?中身はちょっと…秘密のことが書いてあるので。

監督の秘密の詰まった手帳

副島
どんなことが書いてあるんですか?

稲葉
これはまず、代表選手選考をしたときのメンバーであったり、自分が試合の中で気づいたことですとか、例えばコーチと会話したことであったり。
あとは選手の「技量」ですね。こういう場面でこの投手はどうだった、この野手どうだった。そういった、選手の細かいことを書いてあったりしますね。

大越
メモは普段からよくつけるんですか?

稲葉
メモはですね、これはヤクルトの野村監督に教えていただいたことなんです。やはり人間は忘れてしまうので、常にノートを書くようにと言われまして。僕は現役時代からいつもノートを書いていました。

ヤクルト時代 野村監督と稲葉選手

大越
メンバー構成に関してですが、日本代表は24人、そのうちピッチャーはどのくらいとか、人数のおおよその見当はつけていらっしゃるんですか。

稲葉
先日、競技方式が発表されまして、最大で7試合戦わなければならないということになりました。
なので、今はピッチャーを10人入れるか、11人入れるか、そこをすごく迷っていると言うところです。

大越
かなり具体的に考えていらっしゃるんですね。

副島
ひとつ気になるんですが、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手はメンバー候補に入っていますか?

稲葉
まだ、今のところ可能性はありますので。最後の最後まで待ちたいなとは思います。

===========================

精力的な視察で、選手たちの日本代表への意識を高めていくとともに、すでに具体的なチーム作りにも取り掛かっていると語ってくれた稲葉監督。
近日アップ予定の後編では、目標とする「金メダル」獲得のためにどのような戦い方をしていくのか聞いていきます。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事