読み込み中です...

2018年4月21日(土)

なでしこジャパン 応援ブログ~NHK現地班が日々お届けします!~

サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は20日、ヨルダンで行われたアジアカップの決勝でオーストラリアと対戦し、1対0で競り勝って2大会連続2回目の優勝を果たしました。

4月21日

激闘を制し、見事アジア杯連覇をなしとげたなでしこジャパン。試合後の会見には、高倉監督と大会MVPに輝いた岩渕選手が出席しました。

ふたりの口からは、これからの「成長」、「レベルアップ」という言葉が何度も聞かれました。

喜びに浸りつつも、気持ちはすでに来年のW杯に向いているようです。
本当に優勝おめでとうございました。(終わり)

現地中継スタッフの1日の仕事始めはコレ。アラブ伝統のコーヒーです。カルダモンというスパイスが入っていて、独特の香りがします。

日本酒を呑むお猪口ほどの小さなカップでいただきます(ほぼ一口で飲み干してしまいます)。

われわれもコレで気分をリフレッシュしています。

4月20日

いよいよ現地時間の今日20日は、オーストラリアとの決勝です。前日に両チームの監督が共同会見に臨みました。ふたりの前には大会の優勝カップ。

会見後の撮影の際、両監督はカップを持つことをやんわり拒否しました。高倉監督は、「明日までの楽しみにしておきます」とのこと。

また、昨日19日は高倉監督の誕生日。優勝が最高のプレゼントになりそうです。

【放送予定】(生中継)
BS1 決勝「日本」対「オーストラリア」 日本時間21日(土)午前1:50〜

4月19日

ヨルダンの人に「道路は横断歩道で渡る」という概念はないようです(そもそも横断歩道をほとんどみかけません)。

走りくる車のすき間をねらって、スイスイみごとに横断していきます。車の運転手も心得たもの。なんとなくスピードを加減してくれます。

渡ると決めたら躊躇しない強い心と突破力、そして運転手とのアイコンタクト。サッカーのドリブルにも通じる!?でしょうか。

4月18日

ヨルダンの人たちは車が大好き。なでしこの試合会場へ向かう道すがらよくみかけるのが、フロント部分だけを販売しているお店です。

事故で壊れた際に取り替えることが多いみたいですが、なかには趣味で交換する人もいるんだとか。

自分の車に合うパーツをみつけるのは大変そうですが、お店の人は「商売としてそれなりに成り立っているよ」とのことです。

4月17日

ヨルダンはここ最近どんどん気温が高くなってきました。日中は手元の計測で30度を超える日も。

ただ、湿度は20%ありませんので、汗はほとんどかきません。選手からは「喉というより口が渇く」という声が聞かれます。

それでも夜になると急に涼しくなるので、試合をする選手にとっては比較的戦いやすい環境かもしれません。

意外と知られていませんが、ヨルダンは中東でも有数の野菜の産地国です。
食卓にも色とりどりの野菜が並びます。

トマトやにんじん、パプリカなどフルーツかと思うほどの甘みがあります。

中継クルーのドライバー・サーレムさんも野菜が大好き。「おかげで病気知らずだよ」だとか。

4月16日

いよいよ現地時間の明日は準決勝の中国戦です。両チームの監督による共同会見が行われました。

高倉監督は、身体能力の高い中国チームを警戒していましたが、「予選リーグで厳しい試合を戦い抜いた選手の成長を実感している」となでしこの選手への信頼を口にしていました。

会見後、きょうも日本メディアからの質問にひとつひとつ丁寧に答えてくれた高倉監督です。

ヨルダンで人気のスイーツをご紹介します。

「キナーファ」といって、チーズの上に甘い生地がのっています。できたての熱々をいただくのがベストだとか。

女性にも人気ですが、いかついおじさんたちがいつも列をつくっています。

なでしこは、いよいよあすが準決勝の中国戦。こちらは甘くない戦いが待っています。

【放送予定】(日本時間 生中継)
18日(水) 午前1:50~ 準決勝「日本」対「中国
【解説】小林弥生 【アナウンサー】佐々生佳典

4月15日

慢性的な交通渋滞で有名なヨルダンの首都アンマン。なでしこの試合会場への移動は大丈夫?

安心してください。ホテルから警察車両が先導してくれるので、移動は比較的スムーズだそうです。

4月14日

ヨルダンの町でみかけるマネキンはとてもユニーク。

歩道に出たり、気合を入れたり、なすがままに大きくなったり。

おおらかでマイペースなヨルダンの人たち。その気質がマネキンにも反映されているのかもしれません。

4月13日

尾森康人さんは中継クルーのコーディネーター。エジプト在住です。

穏やかな人柄とその風貌から、スタッフは「エジプトのガンジー」と呼んでいます。

通訳や道案内、買出しに加えて音声マンとしても大活躍。

大一番の豪州戦に向け、笑顔の向こうの闘志がメラメラ音をたてています。

4月12日

あすのオーストラリア戦はW杯出場と準決勝進出がかかる大一番です。
きょう高倉監督の会見が行われました。

きのう、なでしこの選手は外食するなどそれぞれリフレッシュしたとか。

会見後も多くの日本メディアからの質問に丁寧に答えてくれました。

「選手たちはプレシャーを力に変えてくれると信じている。"なでしこの血"が流れている選手たちが最後までゴールを守ってくれる」と力強く語っていました。

「ライモン ビ ナーナー」というアラブではメジャーな飲み物です。

レモネードにミントをすりつぶしたものを入れています(お酒は入ってません)。

体にしみわたる甘酸っぱさ。

中継クルーの八坂樹カメラマンは、毎晩これで一日の疲れを癒しています。

4月11日

ふたたびヨルダンから、現地技術スタッフを紹介します。

ヤザンさんは22才。中継車のエンジニアです。スタッフのあいだでは、俳優のオーランド・ブルームに似ていると評判です。

いつも笑顔を絶やさないヤザン。日本に映像と音声をお届けするうえで、欠かすことのできないスタッフです。

4月10日

第2戦は韓国戦、日本時間の今夜10時45分(ヨルダン現地時刻午後4時45分)キックオフです!

アンマン市内のショッピングモールには、おしゃれなチケットカウンターが設置されています。

笑顔が素敵なチケットカウンターのお兄さんが、懇切丁寧に対応してくれました^^)

チケット1枚で日本戦とともにベトナム対オーストラリアの2試合を観戦できるのは嬉しいですね!

10日(火) 1次リーグ グループB「日本」対「韓国」 BS1 午後10:35~生中継

4月9日

あすの韓国戦を前に、両チームの監督による記者会見が行われました。
アジアのライバルとして高め合ってきた日本と韓国。

高倉監督は「今ある力をすべて出し切る」と力強く語りました。韓国戦に勝てば来年のW杯出場が決まる日本。大注目の一戦になります。

──男子の代表監督が代わった事について。

高倉監督

けさ聞いて驚いた。私たちはW杯出場をかけた戦いに集中する。


同じ代表として戦う仲間としては大事な時期の交代でタフな時間を過ごすことになると思います。ともに日本のために戦っていきたい。

なでしこの第2戦(韓国戦)に向け、中継スタッフも準備に余念がありません。写真は機材の修理をする現地技術スタッフのクサイさん(手前)とヤナルさん。

手先の器用なクサイさんは物静かながら頼りになるナイスガイです。現地スタッフとも力を合わせ、なでしこの勝利をお伝えし続けたいと思います。

4月8日

昨日は「なでしこジャパン」が初戦のベトナムに4対0で快勝し、好発進、ナイスゲームでした!

この大会のチケットには4つのカテゴリがあり、価格は1ヨルダンディナール(約150円)からで、オンラインで購入できます。

中継クルーの運転手、ムハンマドさんもスタジアムで応援。試合後、「7番(=中島選手)ベリーベリーグッド!1位通過は間違いない!」と話してくれました。次戦も期待しましょう!

4月7日

アラブではメジャーなこの料理。その名も「ガンバリマシュウィ」。
平たく言えば海老のグリル。アラビア語で海老のことを「ガンバリ」と言うそうです。

にんにく味のマヨネーズ(?)をつけていただきます。この味は日本人の口にも合います、きっと。アラブの国々にいらした際には、ぜひ!ご賞味ください。

きょう、いよいよなでしこJAPANが初戦を迎えます。選手も応援するみなさんもガンバリまっしょい

7日(土)BS1午後10:00~生中継  1次リーグ グループB「日本」対「ベトナム」

4月6日

2019FIFA女子ワールドカップの出場権を懸けたAFC女子アジアカップが本日開幕します!

開催国ヨルダンの首都アンマンではヨルダン代表の選手を起用した看板が大会を盛り上げています。開催地ヨルダンの首都、アンマンは日本の春のようにとても過ごしやすい日が続いています。

ヨルダン人の皆さんは優しい人ばかりで、親日家も多いですね!おかげさまで、中継スタッフも気持ちよく準備を進められています。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事