読み込み中です...

2018年3月17日(土)

完全優勝 挑戦を続ける成田緑夢の目指すもの

みごと金メダルを獲得した成田緑夢選手。3本すべてが挑戦だったと話すその挑戦とは?さらにその先に何があるのか。スポーツライター宮崎恵理さんが迫りました。

挑戦する。それが、ピョンチャンパラリンピックでの成田緑夢の目標だ。うまくいけば、結果に反映される。失敗すれば、それは確かな自分の蓄積になる。

16日に行われたバンクドスラローム。左右に振られた旗門のカーブにバンク(傾斜)があるコースを一人ずつ3本滑走し、ベストタイムで勝敗が決まる。男子は上肢障害のクラス、大腿義足などの下肢障害のクラスの後、最後にLLクラスが行われる。

成田は、1番目に出走。1本目のタイムによって2本目の出走が変わるアルペンスキーの回転競技とは異なり、3本とも同じ出走順である。

この日、会場のチョンソンアルペンセンターの気温は、久しぶりに氷点下になった。前日の雨を吸い込んだバーンはアイスリンクのように凍っている。女子のクラスや先に行われた男子のクラスでも、このバーンに苦しめられ転倒者が相次いだ。

スタートバーを切った成田のスピードに、スタンドから思わず「おお」というため息が漏れた。フルスロットルでトップスピードに持っていくのは成田の武器の一つ。他の選手がバランスを崩すバンクでも成田の滑りは安定し、1本目は2位のマイク・シェイ(アメリカ)と0.28秒差の50.17秒でフィニッシュした。

2本目。成田のギアはさらに上がった。叩き出したタイムは49秒61。ただ1人、50秒を切っている。しかし、シェイもまたタイムを更新し50秒01でフィニッシュ。3位にはソチパラリンピックのスノーボードクロス覇者、エバン・ストロングが50秒05で迫っていた。

スタンドは、成田に大声援を送り続けていた。2本目まで、トップ3の選手が全員自身のタイムを上回ってきた。そんな中、成田はいったいどんなランを見せてくれるのだろう。期待感と興奮が、大きなうねりとなって何度もコースを駆け上っていくようだった。

最終3本目。成田が飛び出す。加速はさらにアップした。フィニッシュすると、モニターには48秒68の表示。観客の熱気もオーバーヒート状態だった。1本目より2本目、そして3本目と全てタイムを更新。2本目とは1秒近いタイム短縮をやってのけたのである。

2位から4位までの選手はいずれも3本目で49秒台に突入する快走を見せたが、成田を超えることはなかった。

まさに、完全優勝である。

「朝、バーンがカチカチだったのでしっかりカーブを曲がりきれないかもしれないと思い、ビンディングの位置を小回りの利く車のようなセッティングにしてスタートしました。でも、意外とターンができるということがわかった。それで2本目に、ビンディングのセッティングをビスの穴1つ分、後ろにずらしました」

これが、成田の1つ目の挑戦だ。
バーンが凍っているためエッジがわずかに外れた瞬間にコントロール不能になってしまう。

「でも、エンジンでボーンって加速する車にしたほうが、いいじゃないですか」


1つ目の挑戦が奏功して、大型エンジンのスポーツカーのように疾走した。

最終滑走となる3本目で成田が挑んだのは、第5バンクへの入り方だ。今回のレースでは、バンク(カーブ)の数は全部で14。つまり上から約3分の1のポイントである。この第5バンクは左足が前となるレギュラースタンスの成田にとって、ヒールサイド(かかと側のエッジで荷重する)のターンとなる。障害のある左足の足首に力を入れられない成田にとっては、ヒールサイドは弱点だ。

「第5バンクだけちょっとリズムが違っていたので難しいと感じていたんです。でも、そこをあえて上から下へ落としていくラインで攻めました」

同じ第5バンクで思い切り攻め込む選手が何人も見られた。

「(右足が前になる)グーフィーの選手たちにとっては、トウサイド(つま先側でエッジに荷重)になるので、思い切って攻めることができる。ヒールサイドだとリスクが高い。でも、挑戦しなくちゃワクワクしない!」

成田の2つ目の挑戦も、爆発的なエネルギーを発揮して1秒もの短縮を成功させた。たった1つ攻め方を変えるだけでこれだけのタイム向上を実現することができるのか。
成田はきっぱりと言い放った。

「変わります!」


前半にターボを使えば、そのパワーが後半までのスピードにつながる。第5バンクだからこそ、挑戦する意味があったという。

弱点だったヒールサイドターンについて、成田は今季、障害のある左足にアルペン用のハードブーツを履き、右足はソフトブーツという左右非対称のブーツにすることで改善を図った。

「前足(左足)をハードブーツに変えたのは小栗(大地、LL1クラスで今大会に出場しこの種目で6位入賞)さんから伝授されたことがきっかけです」

小栗は大腿義足の選手で、義足の右足はソフトブーツ、左足にアルペンブーツを履く。

「11月のオランダのワールドカップの時、小栗さんのボードを使わせてもらって、これはいいなと思って次のフィンランドのワールドカップではその仕様に変更して出場しました」

これも成田にとっては、いつもの挑戦だった。出場したフィンランドのスノーボードクロスで優勝。

「足首に力をかけることができない左足をハードブーツにすることで、ヒールサイドターンの安定感が向上しました」

さらに、このハードブーツ用のビンディングの下につま先側が高く設定できる円形のプレートを装着し、常に足首が強く曲がった状態で固定できるようにした。

本格的にパラスポーツに取り組み始めてから、成田の毎日は挑戦の連続である。その延長線上に、ピョンチャンパラリンピックがあった。
1本目から2本目、3本目。ランごとに自分に挑戦し、そして勝利した。

「アスリート成田緑夢に“よくやった”と言いたいです」


12日に行われたスノーボードクロスの銅メダルに次ぐ、最高位の栄誉。

「シンプルに嬉しい。これが現段階の実力なのだと思えた」


挑戦する姿は、必ず誰かの胸を必ず打つ、届く。

「僕の最終目標は、障害を負った人はもちろんですが、いろんな人に夢や勇気、感動を、スポーツで与えたいということです。もちろん挑戦する僕にとっても学びがある」

メダルを獲得することや、その色を目標にしたことはこれまでに一度もない。挑戦し続けてきた、その結果の金メダルであり銅メダルだった。

「自分の夢、目標に大きく前進できた。それが何よりうれしいです」

宮崎 恵理(みやざき えり)

スポーツライター。1960年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、フリーのライターに。1998年の長野パラリンピックを機に障害者スポーツの取材に携わり、雑誌「Tarzan」ほか「スポーツグラフィックナンバー」などで執筆。現在、「Tarzan」「それを最大限に活かせ! パラアスリートGO!」の連載を展開中。12年ロンドン・パラリンピック、14年ソチ・パラリンピックではNHK開会式中継解説を担当。著書に『心眼で射止めた金メダル』『希望をくれた人』。日本スポーツプレス協会理事、国際スポーツプレス協会会員

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事