読み込み中です...

2018年3月12日(月)

緑夢(ぐりむ)を伸ばす3つの「メ」

パラリンピックのスノーボードで日本初のメダルを獲得した成田緑夢選手(24)はまだまだ伸びしろ十分。なぜかって?それは彼が素敵な「メ」を持っているから。しかも3つも!

じつは「おちゃメ」

まずはこちらの動画をご覧ください。

スノーボードクロスでグラブを見せる成田選手


銅メダルを獲得したスノーボードクロス。準決勝の滑走中に転倒してしまい、勝利を逃したことが分かった成田選手。ゴール前の最後のジャンプでなんと、通常はハーフパイプなどの競技で見せる技を披露しました。

「なぜやったのか、自分でも分からない」とのことですが、スノーボードへの愛がにじみ出たのでしょうか。
チャンスがあればしっかり自分をアピールするところ、なんか「おちゃメ」ですよね。

かなり「まじメ」

一見強そうに見える成田選手ですが、自己分析では「結構弱い」とのこと。

その弱さに打ち勝つために自分の中で「誓約書」を作り、いつまでに何をやり遂げるのかと、できなかったときの罰を自分で決めて紙に書き起こすのだそうです。

実際の誓約書 誓約書には住所や印鑑まで


ここでのポイントは「結果を誓約書の目標にはしない」ということ。結果は誰にも分からないので、具体的に何をやるか、結果までの過程を目標にするのだそうですよ。

けっこう「まじメ」なんですね。

もう1つの「ゆメ」

今まさにピョンチャンパラリンピックで活躍中の成田選手には、もう1つの夢があります。それは2020年東京パラリンピックに出場すること。

実は走り高跳びの選手としての出場を目指していて、すでにパラリンピック参加標準記録を上回っているんです。

ぜひ、その「ゆメ」をかなえてくださいね。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事