読み込み中です...

2018年2月17日(土)

アメリカ代表のSNSは金メダル級?

さすがはツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど世界で人気のSNSが生まれた国アメリカ。ピョンチャンオリンピックでも選手、各競技団体、アメリカ代表、中継局のNBCなどがSNSを駆使して、大会を盛り上げています。

食べ物の話で大人気のクロエ・キム

大会中にSNSでファンの心をわしづかみにし、"SNSクイーン"になったのがスノーボードの女子ハーフパイプで優勝したアメリカの17歳、クロエ・キム選手。

「Wish I finished my breakfast sandwich but my stubborn self decided not to and now I'm getting hangry」

(朝食のサンドイッチを全部食べてくればよかった。我慢したからお腹がすいてきた)

決勝の試合中のツィッターのつぶやきにはファンや記者もびっくり。

ちなみに彼女は予選前は

「Oh and I also had 2 churros today and they were pretty bomb so if you ever get nervous go eat a churro」

(あー、緊張する。チュロスを2本食べたんだけど、緊張にはチュロスが一番おすすめ)

予選の試合中には

「Could be down for some ice cream rn」

(アイスクリームが食べたい)

と食べ物の話がメイン。一方で次々と繰り出される豪快なパフォーマンスと、ごく普通のティーンエイジャーらしいSNSのギャップにファンはメロメロ。

スノーボードの男子ハーフパイプで優勝したショーン・ホワイト選手も決勝直前にインスタグラムでつぶやくと同時に動画をアップして驚かせました。

「Finals about to go down! Let’s do this」

(今から決勝だよ。ドキドキしている。下で会おうね)

ハリウッド女優とフィギュアスケーターのやりとりも

フィギュアスケートの団体戦で銅メダルを獲得したアメリカ代表は、テレビやSNSなどをうまく利用してファン層を獲得していますが、特に人気は同性愛者であることを公表しているアダム・リッポン選手。
同じく同性愛を公表しているフリースタイルスキーのガス・ケンワージー選手と開会式で撮った写真にLGBTの象徴である虹色の旗の絵文字をつけたり、同性愛であることを両親に受け入れてもらえずに苦しんでいる若者を勇気付ける投稿をしたりしています。

リッポンが試合前のNBCのインタビュー「冬のオリンピックが夏のオリンピックよりも魅力的な理由は?」という問いに「僕が出るから」と回答。
これに対して、ハリウッド女優でスポーツファンのリース・ウィザスプーンさんが即座に反応しました。

Reason #1 to Watch #WinterOlympics2018  ADAM RIPPON @Adaripp

(冬季五輪を見る一番の理由はアダム・リッポン)

これに対して、リッポンが返信。

WHEN YOURE RIGHT, YOURE RIGHT, @RWitherspoon Also!! Quick movie idea for you: You (played by you) tweet me in the middle of the night at the Olympics and I (played by me) die immediately. Thoughts?

(あなたは正しい。そうだ。五輪の時に夜中に僕にツイートして、僕が(うれしくて?)死んじゃうっていう映画のアイデアがあるんだけど、どうかな?)

2人のやりとりにファンも釘付けでした。ちなみに11日夜にアダム・リッポン選手、長洲未来選手が活躍すると、ウィザースプーンさんは2人をほめ称えるツィートを約束通りに行っています。
 大会前にリッポン選手や長洲選手を知らなくても、ウィザースプーンさんのツィートをきっかけに彼らをフォローし、その次はアメリカ代表や他の選手もフォローする、というファンも多いと思います。

アメリカ選手はSNSも自然体で

紹介した3人をはじめ、アメリカ選手のほとんどがSNSを上手に使いこなして、自分のスポンサーや競技を紹介したり、練習やオフの生活を動画で共有したりしています。
大会期間中はあえてSNSから離れる海外選手もいますが、アメリカ選手は常に自然体。
オリンピックという特別な舞台でもいつも通り、自分らしくSNSと付き合っています。

 もちろん選手は競技で結果を出すことが求められますが、競技の場ではなかなか見られない素顔、ちょっとした本音などが垣間見えるのはファンにはうれしく、また応援したい気持ちが強くなるのではないでしょうか。

及川彩子
スポーツライター。NY在住10年。
陸上、サッカー、ゴルフなどをメインにオリンピック・パラリンピックスポーツを幅広く取材。

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事