Nスペ5min.「高野山 千年の襖(ふすま)絵 空海の世界に挑む」

1200年ほど前に僧侶・空海が開いた高野山金剛峯寺。真言密教の総本山だ。その寺の白ぶすまに、千住博氏が史上初めて筆を入れた。足掛け6年に及んだニューヨークでの創作風景に密着。日本での和紙職人や表具師の匠の技にもカメラが迫った。千年先の人々に、時代の記録としてこの絵を残さねばならないという使命を感じた千住氏。空海と対話を重ね時代に応える絵と格闘した全記録を伝える。

新着動画