記事

日本人と天皇

2019年7月3日

2019年11月に行われる予定の「大嘗祭(だいじょうさい)」。古来より伝わる皇室の伝統で、皇位継承にともなう一世に一度の重要な儀式だ。しかし、その詳しい内容は長くベールに包まれてきた。今回、関係者の証言や資料から「大嘗祭」を再現。受け継がれてきた皇室の伝統に迫る。さらに、男系男子に限られている皇位の継承をどう考えていけばよいか。戦後、現憲法の下で2度にわたって行われた政府の議論を、発掘資料やスクープ証言を交えて詳細に検証。新しい時代、主権者である私たちはこの問題とどう向き合えばいいのか? そのヒントを探っていく。

伝統を継承する天皇の儀式

天皇が行う儀式とは、どのようなものなのか。

最初に行われるのは、「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」。代々、天皇に伝わるいわゆる「三種の神器」のうち、剣(つるぎ)と曲玉(まがたま)を受け継ぐ儀式である。

儀式の中心にある考え方は“神話”だ。

photo
「鳥見山の郊祀」伊勢神宮徴古館所蔵

天照大神(あまてらすおおみかみ)から伝わる「三種の神器」を受け継ぐことで、はじめて天皇となると考えられている。

本来、剣と曲玉は天皇と共に動く存在とされ、いまも儀式のために一緒に持ち運ぶこともある。「三種の神器」のうち鏡にまつわる儀式も行われる。

続けて「賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」。天皇は、皇居の賢所(かしこどころ)にまつられている鏡を通じて、即位したことを天照大神に伝える。鏡は平安時代に何度も火災に遭い、損傷しているとも、その後、複数の鏡が用意されたとも言われているが、公開されたことはない。

「三種の神器」を使った儀式の原型は、古墳時代にさかのぼるとも言われている。橿原考古学研究所の水野敏典さんが、奈良・黒塚古墳から出土した3世紀の鏡を取り出しながら説明する。

photo
古墳から出土した鏡

「古墳時代に入りますと、『剣』『玉』『鏡』といった副葬品がセットとなって古墳から出土することがあります。大王というものが存在したと思ってまして、恐らくそれを引き継ぐ形で現在の天皇につながる可能性は十分高いかと。しかし、どうつながってたかというのも、議論はいろいろあるかもしれません。」(水野さん)

知らざれる大嘗祭の儀式を再現

「剣璽等承継の儀」に続いて、即位した天皇が行う極めて重要な儀式が、奈良時代から始まったとされる「大嘗祭」だ。皇居に特別に作られる2つの宮殿の中で、天皇が全国の農産物を神に供え、国の安寧と五穀豊穣を祈る儀式である。

長年、大嘗祭について研究してきた國學院大學客員教授の岡田荘司さんは、大嘗祭は新天皇が日本人を代表して神に祈る大切な儀式だと言う。

photo
國學院大學客員教授 岡田荘司さん

「日本の国家の一番大事な農業生産、山あるいは川、自然の恵み、あるいは災い、そういうものを鎮めていく。国民の苦しみとか、国民の願いをそのまま凝縮した形で古代から始まっている。生活と密着した形でのお祭りである一番の最高の儀式が、天皇の一代一度の大嘗祭になるかと思います。」(岡田客員教授)

宮殿の中で何が行われているのか。これまで公にされたことはない。そこで、複数の研究者や、平成の大嘗祭に関わった人たちの証言を元に、儀式の再現を試みた。

再現したのは、悠紀殿(ゆきでん)と呼ばれる宮殿の内部。天皇がこの中に入るのは、夜7時過ぎだ。菜種油で灯したわずかな明かりの中、内陣と呼ばれる8メートル四方の部屋で儀式は行われる。

photo

このとき、すでに内陣には神が降りてきていると考えられている。中央には、畳表を何枚も重ねた寝床。神が休むためのものとも言われている。

天皇が座るのは、御座(ぎょざ)と呼ばれる90センチ四方の畳の上だ。その先にあるのは、神座(しんざ)。天照大神がまつられる伊勢神宮がある南西の方角に置かれている。天皇は、天照大神とすべての神々に対して向き合うのだ。

この部屋の中で天皇を手伝うのは、2人の女官のみ。天皇は各地から集められた食材を受け取り、柏の葉でできた32の皿に1時間半かけて盛り付け神に供える。食材は収穫したばかりの米と粟、タイやアジ、アワビなどの海産物、さらに、栗や干し柿などの果物で、「神饌(しんせん)」と呼ばれている。

photo

天皇がこの場で見せるのは、ひたすら神々に奉仕する姿だ。そして、天皇は伊勢神宮の方角に向かって拝礼し、「御告文(おつげぶみ)」を読む。内容は、天照大神とすべての神々に感謝し、日本人の安寧を願うというものである。

儀式を締めくくるのが、神との食事である「直会(なおらい)」だ。天皇は、米、粟、そして酒を、神と一緒に口にするとされている。

こうした儀式をもう1つの宮殿でも行い、天皇は一晩中、神と向き合う時間を過ごすのだ。

時代に応じて変化してきた即位の“伝統”

皇位継承の儀式から見えてきた、神と天皇との深い関わり。時代をさかのぼると、実は仏教とも深いつながりがあったことが分かってきた。

京都にある真言宗・泉涌寺は、鎌倉時代から江戸時代までの39人の天皇や皇族が埋葬され、「御寺」と呼ばれている。幕末の孝明天皇が亡くなった日には、毎年、僧侶も加わって、皇族による神道のお祀りが行われてきた。

この寺には、仏教の影響を受けた天皇の秘密の儀式が伝えられてきた。泉涌寺で葬られた天皇にまつわる文書には、鎌倉時代から江戸時代まで、皇位継承の際に行われた「即位灌頂(そくいかんじょう)」という儀式が記されている。泉涌寺の石野浩司さんが「灌頂」について説明する。

photo
「即位灌頂」が記された文書

「“灌頂”というのは、もともと仏教の儀礼でありまして、頭に水を注ぐので灌頂と言います。実際に天皇陛下の頭の上に水を注ぐわけではなくて、手に印を結んで口で呪文を唱えて、心の中に『我こそは天皇なんだ』という観念をする。」(石野さん)

天皇は「即位灌頂」を行うために、ある言葉を唱えていた。それは、仏教発祥の地・インドのサンスクリットの文字で書かれている。

「大日如来イコール観世音菩薩、観世音菩薩イコール日天子、日天子イコール日神、日神イコール伊勢神宮という観念ですね。要するに、天皇が大日如来に変身しまして、その大日如来がだんだん変身していって、伊勢神宮の天照大神と一体になるという観念をしながら、『ボロン』と言う。」(石野さん)

天皇と神と仏をひとつにする呪文「ボロン」。当時、大きな影響力を持っていた仏教の力も借りて、即位していたのだ。即位灌頂は、92代の伏見天皇から幕末の孝明天皇まで、500年以上にわたって行われていた。

「日本の伝統からいきますと、神と仏と両方いた時代のほうが圧倒的に長いんですね。時代によって、天皇像というのは変わっていって、どれが正解という姿はないんですね。その時代時代に国民が求める天皇像というものがあって、天皇陛下の側もそれに合わせてお姿を示されるということが、2000年続いてきた。」(石野さん)

photo
泉涌寺の石野浩司さん

時代に応じて変わる日本人と天皇の関係

photo
明正天皇御即位行幸図屏風(宮内庁書陵部所蔵)

近世の服飾の歴史を研究している森田登代子さんは、江戸時代の天皇が即位する際の儀式の様子について文献を集めてきた。注目したのが、109代の女性の天皇、明正天皇(1629~1643)の即位の儀式を描いた「明正天皇御即位行幸図屏風」だ。儀式を飾る重要な旗に子どもが手を触れている様子が描かれている。

このころの即位の儀式には庶民も入場券をもらって御所に入り、見物することができた。華やかな儀式を見ることが、庶民の楽しみになっていたのである。

戦乱の世が終わり、平和な時代を迎えた江戸の初期。天皇と人々の関係はおおらかなものだったと森田さんは考えている。

「ファッションなんかもそこで、みんな、鵜の目鷹の目で見てるわけですからね。どんな衣装着てるだろうとか、すごく関心があったと思います。」(森田さん)

即位の姿が大きく変わったのが、天皇を中心とした国づくりが始まった明治だった。国の統治者として君臨することになった、明治天皇(1867~1912)。その即位の儀式を描いた「明治元年御即位式図絵図」には、庶民の見物は許されず、その姿は描かれていない。

一方で、それまでにないものが描かれていた。庭の中央に見える、直径およそ1.7メートルの地球儀だ。

photo
明治元年御即位式図絵図(国立公文書館所蔵)

記録によれば、当時の新政府が特別に用意させたもので、天皇が日本地図の上に左右交互に足を置き、日本に君臨することを示すためのものだった。海外の列強を意識し、近代国家への道を踏み出そうという当時の政府の思惑が、天皇の即位の儀式にも大きな影響を与えていたのである。

「男系男子」がもたらす皇位継承の危機

125代にわたって続いてきたとされる天皇。その長い歴史のなかで唯一変わらなかったのが、皇位継承者を「男系」に限るという伝統だ。「男系」とは、父方の親をさかのぼると、必ず天皇につながる血筋を意味する。

例えば、女性の元正天皇の場合、父方をたどると祖父の天武天皇に行き着くため、女性でも男系の天皇ということができる。

photo

しかし、仮に元正天皇が皇族以外の男性と結婚した場合、子どもが生まれても父方は天皇につながらないため、子どもは天皇になることはできない。

photo
旧皇室典範(宮内庁書陵部所蔵)

「男系」の伝統は、明治の旧皇室典範によって、より限定されたものになった。皇位継承資格を「男系の男子」のみとし、女性の天皇を認めないことにしたのだ。女性天皇は歴史上、適当な男性の天皇が出るまでの中継ぎでしかなかったというのが主な理由である。

男系男子の規定は、平成の時代に皇位継承の問題を浮き彫りにした。この半世紀あまりの間に生まれた男性皇族は、秋篠宮さまの長男・悠仁さまのみ。皇位継承の順位は、秋篠宮さまが1位、悠仁さまが2位になる。3位となる、上皇さまの弟・常陸宮さまは83歳。今後男性の皇族が誕生しなければ、皇位継承資格のある皇族は、悠仁さまだけになるという可能性もある。

皇族から出た皇室典範への異論

男系男子の規定を続けるのかどうか。終戦直後、大きく問われたことがあった。

国民主権や基本的人権の尊重を理念とする日本国憲法が制定され、天皇は国の統治者から「象徴」となる。日本を占領したGHQの意向で、皇室は大幅に縮小。600年前の天皇の血筋をくむ11の宮家、51人の皇族が民間人となった。

戦後初の普通選挙では、初めて女性の国会議員も誕生。男女平等の機運が高まっていた。一方で、新たに作られた皇室典範の草案では、皇位は「男系の男子」が継承するとされ、戦前のまま変えられなかった。

当時の吉田茂内閣で法制局長官を務めた入江俊郎らが中心となり、法律の制定に向けて準備を進める。このとき、ある皇族が入江たちに対して異論を唱えていたことが分かった。

昭和21年11月3日、新憲法の公布の日にあわせて書かれた意見書「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」。これを書いたのは、昭和天皇の末の弟、三笠宮崇仁親王。政府が進める皇室典範の草案に見直しを求めていた。

photo
新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)

三笠宮は、皇室典範の改正について、どうしても新憲法の精神に沿わぬ所だけを変更し、戦前の皇位継承の規定を変えようとしない政府を批判している。

「我々は新憲法を最も忠実に履行出来るだけの国民に、一日も早くならねばならぬと思う。」(三笠宮の意見書より)

三笠宮は軍人として戦地に赴いた経験がある。軍の暴走を止められなかった反省から、今後の日本のためには皇族が率先して民主的に変わる必要があると考えていた。意見書では「今や婦人代議士も出るし、将来女の大臣が出るのは必定」と唱え、女性天皇の可能性についても触れている。

「その時代になれば、今一應女帝の問題も再検討せられて然るべきかと考えられる。」(三笠宮の意見書より)

さらに天皇にも基本的人権を認め、場合によっては、その地位を退く選択肢を与えるべきだと主張していた。天皇のあり方をめぐって現在議論されている課題が、このときすでに提起されていたのだ。

皇室典範と三笠宮の関わりについて研究してきた北海道大学名誉教授の高見勝利さんは、三笠宮には新しい憲法の理念を第一にしなければならないという強い思いがあったと考える。

photo
北海道大学名誉教授 高見勝利さん

「明治憲法のときの天皇と、日本国憲法、新しい憲法のもとでの天皇はまったく違うんだ、そう受けとめたんじゃないかと思うんですね。その上で、新しい憲法のもとの天皇というのは、どうあるべきかということを、真剣に考えたんだと思うんですね。」(高見名誉教授)

しかし、当時の議事録によれば、枢密院で三笠宮の意見について議論された形跡はない。このころ、政府では皇室の伝統まで変えるべきではないという考えが多数を占めていたからだ。

政府は、「女帝の問題については将来の研究に委ねたい」とし、女性の天皇を認めなかった。そして、「男系男子」の規定を残したままの皇室典範が成立する。

GHQの占領下で、皇室を守ることが何より重要だった政府。三笠宮の考えを検討する余裕はなかったのである。

新時代にも必要な皇位継承の議論

女性天皇の問題が再び問われるようになったのは、三笠宮の意見書からおよそ半世紀後。平成13年、愛子さまの誕生がきっかけだ。皇族に40年近く男子が生まれないなか、皇太子さま、雅子さまに待望のお子様が生まれたことで、女性天皇を議論する機運が高まったのである。

photo

平成17年、小泉総理大臣は皇室典範改正を検討する諮問会議を設置。そして、皇位の継承順位について男女を区別せず、「直系の長子」、つまり、天皇の最初の子どもを優先するという最終報告を出した。これを受けて、翌年、政府は女性天皇を認めるだけでなく、日本の史上初めて父方の血筋が天皇につながらない女系天皇の容認にも舵を切ったのである。

委員の1人、皇室典範の専門家で元最高裁判事の園部逸夫さんは、女系であっても皇室の血がつながれば、天皇の伝統は保たれると考えたと言う。

photo
園部逸夫さん

「何かあったときに、後に継承者が女性しかいなくなった場合に、一体どうするか。やはり血がつながってるということで国民も納得するのじゃないかと。」(園部 元最高裁判事)

しかし、この動きに猛反発したのが、男系の伝統を重視する人たちだ。与野党を越えた政治家や、神社界をはじめとする人たちが武道館で1万人規模の集会を行い、皇室典範改正法案の国会提出阻止を訴えた。

この集会を企画したひとり、國學院大學名誉教授の大原康男さんは、女系天皇を認めると皇室の伝統が断ち切られてしまうと考えている。

photo
國學院大學名誉教授 大原康男さん

「女系はいまだかつてないことですから。我が国の皇位継承からいいますと、まったく別の王朝が生まれたとなると、2000年以上続く天皇の国民統合の実がそこで損なわれてしまうだろう。」(大原名誉教授)

結局この問題は、この年の秋に男子である悠仁さまの誕生で棚上げとなり、法案提出は見送られた。紀子さまにとって、第二子の佳子さまから12年後の出産だった。

それから13年。男性皇族が少ない状況は変わらず、問題は積み残されたままである。

諮問会議の委員の1人だった元官房副長官の古川貞二郎さんは、皇位継承の問題は女系も含めてすぐに議論しないと間に合わなくなると訴える。

photo
古川貞二郎さん

「不本意ながら、日本の象徴天皇制は自然消滅する。そういう言葉を使いたくないけれども、可能性が高いんじゃないかと心配します。というのは、いずれ悠仁親王殿下お一人になられる。国民が理解し、支持するという案で、象徴天皇制を継承するような取り組みをしないと、私は後世に非常に悔いを残すことになりはしないだろうかと思いますね。」(古川 元官房副長官)

長い歴史のなかで伝統を受け継ぎながらも、それぞれの時代の日本人の姿を反映してきた天皇。天皇をめぐる課題に、主権者である私たちはどう向き合っていくのか。新たな天皇に何を期待し、どのような時代をともに作っていくのか。その問いと共に、「令和」が始まる。

この記事は、2019年4月30日に放送した 「NHKスペシャル 日本人と天皇」 を基に制作しています。
この番組はで配信中です

あわせて読みたい

“国民に寄り添い 責務を果たす”

“国民に寄り添い 責務を果たす”

2019年5月1日
ニュースウオッチ9
国民への最後のおことば

国民への最後のおことば

2019年4月30日
ニュースウオッチ9
天皇陛下 研究者としての姿

天皇陛下 研究者としての姿

2019年4月11日
おはよう日本

新着記事