恐竜CG

日本の海を支配した
モササウルスと首長竜の狩り

今から7200万年前、恐竜時代の日本の海を最新研究成果と最新のVFX技術を駆使して映像化しました。

恐竜時代、日本の多くの場所は海の底にありました。そのためアンモナイトなど当時の海にいた動物の化石が数多く見つかっています。特に注目べきはモササウルス。“ウミトカゲ”の異名を持つは虫類でトカゲとクジラをあわせたような奇妙な姿をしていました。最新研究で、日本に10メートル以上にも達する世界最大クラスのモササウルスが生きていたことが分かりました。そんなモササウルスのライバルが首長竜。長い首を自在に動かし、獲物を追い詰めます。これまでほとんど紹介されたことのない恐竜時代の海を支配した巨大生物たち、その生活と驚きの狩りの様子を詳細に再現しています。

恐竜AR

ご家庭や街など、さまざまな場所で「〇〇に#恐竜出現」を撮影し、お楽しみください。

そのほかのCG/動画