NHKスペシャル

シリーズ東日本大震災 悲劇をくり返さないために
~大川小学校・遺族たちの3年8か月~

津波で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校。学校管理下では被災地で最大の被害となった。「子どもたちの死を無駄してはならない。原因を明らかにし、悲劇を繰り返さないようにしたい」。そう願う遺族は少なくなかった。しかし、3年半が過ぎた今も納得は得られていない。
それでも遺族たちは、失われた命を何とか意味あるものにしたいと、新たな道を探ろうとしている。ある遺族は、どんなときも命を最優先にすることの大切さを、亡きわが子と同世代の子どもたちに語りかける活動を始めた。震災から4年目を迎えた今も、葛藤を続ける遺族の姿を記録。悲劇を繰り返さないために何が必要なのかを考えていく。