今回のゲスト:     フランチェスカ・ヘイワードFrancesca Hayward  ケニア出身のバレエダンサー  1992年生まれ主な出演作英国ロイヤルバレエ団 プリンシパル
Eテレ 2020年2月14日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『キャッツ』
今回のゲスト
guest
フランチェスカ・ヘイワードFrancesca Hayward
ケニア出身のバレエダンサー 1992年生まれ
主な出演作
英国ロイヤルバレエ団 プリンシパル
1981年のロンドンでの初演以来、世界中にファンを持つダンスミュージカル『キャッツ』が、ついに映画化を果たしました。注目を集めたのは、世界屈指のダンサーのキャスティング。映画『キャッツ』の主役に大抜擢された英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル、フランチェスカ・ヘイワードに、自身も多くのミュージカル出演経験を持つ遼河はるひが英語で突撃取材を行いました。
Francesca Hayward:
Hi, lovely to meet you.
会えてうれしいわ。
Haruhi:
Two years ago, I spent a week covering the Royal Ballet.
2年前に、(イギリスの)ロイヤルバレエ団を1週間ほど取材したんです。
Francesca Hayward:
Really? Okay. That's fun.
本当に?すてきね。
Haruhi:
How did you feel when you were cast as the lead in this movie?
主役を演じることになったときの気持ちは?
Francesca Hayward:
I had sort of no idea of the scale of what it was going to be, even though Tom Hooper called me himself. I remember the words he used were, "Congratulations, you've got the lead part in a huge film." And I was still just very stunned, and I couldn't quite figure it out.
フーパー監督が直接電話してくれましたが、私はそれがどんなに大きなことか知りませんでした。「おめでとう、君は大作映画の主役だ」と、彼に言われたことを覚えています。私はとても驚きましたし、それが意味することをなかなか理解することができませんでした。
Haruhi:
This is your first movie. How was the experience?
これは、あなたの最初の映画です。その経験はどのようなものでしたか?
Francesca Hayward:
As a dancer, this whole experience has been completely different, right from the very first audition, where I had to sing. I've never sung properly before, just a little bit for fun at school. So this was very daunting for me right from the very beginning, but, obviously, my confidence grew with singing. Still was nervous on the day of shooting "Beautiful Ghosts," but I do feel very proud that I've done that now.
ダンサーとは全く違った経験でした。最初のオーディションから違いました。人前で歌うなんて、学生時代に遊びで歌ったきりです。ですから、これは最初から私にとって、とても手ごわいことでした。でも、もちろん私の自信は歌とともに大きくなりました。「ビューティフル・ゴースト」の撮影日はさすがに緊張しましたが、やり遂げた自分に誇りを持っています。
Haruhi (Interpreter):
As a stage actress myself, I hate singing in front of people.
私も舞台で歌うときは緊張します。
Francesca Hayward:
Really? It's good to know we're the same.
本当に?良かった、お互い同じですね。
Haruhi:
How do you unwind after work?
仕事のあとのくつろぎ方は?
Francesca Hayward:
I just watch TV. Sometimes people don't realize I get so ... obviously, my body is tired, but also we learn such a lot every day. We're always learning new repertoire, and sometimes I just have so many counts in my head and so many things to remember from work that I just need to let my brain do the opposite. So I just completely relax and watch something quite silly, probably on television.
ただテレビを見ています。人が思っている以上に疲れるんです。もちろん体は疲れます。それに加え、毎日たくさんのことを学んでいます。私たちは常に新しい演目について学び、時にはいくつもの動きで頭の中がいっぱいになります。仕事で覚えるべきことがあまりにも多くて、終わると頭を休ませなければいけないんです。ですから完全にリラックスして、テレビなどで、くだらない番組を見たりするんです。
Haruhi:
How did you stay in shape as a ballerina during filming?
撮影中、バレエダンサーとしての体調はどのようにして保ちましたか?
Francesca Hayward:
I didn't get time off from being in the Royal Ballet, so it was very ... like a different ... an exceptional circumstance that they let me go for a few months to do the filming. And I feel very grateful that they did, obviously, but my first thing back was "Romeo and Juliet."
ロイヤルバレエ団を休職して撮影していたわけではないので、特別な…というか、例外として私に数か月の間、映画撮影に行かせてくれたという感じです。それをやらせてくれたロイヤルバレエ団に、とても感謝しています。撮影が終了して最初の作品は「ロミオとジュリエット」でした。
And I made it very clear I had to do ballet class every single day to make sure that my muscles were still being used in the way that they are used to because, otherwise, it would've just taken me too long after filming to get back into shape quickly enough.
今までと同じように筋肉を使うよう、毎日欠かさずバレエのレッスンを受けなければいけないとはっきり言いました。そうしなければ、撮影終了後に舞台に戻るための体を作るまで、とても時間がかかってしまうからです。
So I did ballet class straight after I'd arrive on set – not even on set, I'd arrive and have my makeup done, and then I would go and do ballet class. And that meant that sometimes I would be doing ballet class at 6:30 in the morning. And I remember at the Royal Ballet, if we have an early ballet class at 9:30, I used to think that was too early. So I will never complain again about my ballet class times. I would do warm up ... so I would arrive before the other actors, and then I would to get to set, where everyone else would join me later.
ですから、撮影現場に到着したらすぐに、セットに入る前に、まずメイクをしてもらって、すぐバレエのレッスンをしました。午前6時30分から練習することもありました。以前は、ロイヤルバレエ団でのレッスンが9時半に入っていたら朝早くていやだなと思っていましたが、今となってはレッスンのクラスの時間に関して二度と文句は言いません。ほかの俳優たちよりも早く現場に入り、ウォーミングアップをして、その後セットに入り、そこへみんなが後から合流するという形でした。
I'd say being a ballet dancer helped me a lot with being a cat ... like, light on my feet, and also just having the stamina of being a dancer used to long days. But I just feel so grateful more for just the whole experience for me to be able to venture out into a new world ... was something I'm incredibly, incredibly grateful for. Because as a ballet dancer you tend to be a bit more afraid of venturing out in case you ... you've worked so hard to achieve what you have, you feel scared to kind of lose it in a way if you step out. So I feel very proud to have been brave and said yes to the opportunity ... and yeah, that was incredibly lucky.
バレエダンサーとしての経験は、猫を演じるという点で非常に役に立ちました。例えば、足取りの軽さとか、長い時間バレエを踊るのに必要なスタミナとかです。しかし何よりも、自分が新しい世界に挑むことができたという経験にすごく、すごく感謝しています。バレリーナというものは、別の世界に足を踏み入れるのは怖いと感じるものです。なぜならものすごい努力を積んで(求めるものを)達成したわけで、そこから踏み出すと、それを失うのではないかと怖くなるのです。ですので、私はこの機会にイエスと言う勇気を持てたことを非常に誇りに思います。本当に幸運だったと思います。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る