今回のゲスト:     トム・フーパーTom Hooper  イギリス出身の映画監督   1972年生まれ主な監督作レ・ミゼラブル英国王のスピーチリリーのすべて
Eテレ 2020年2月7日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『キャッツ』
今回のゲスト
guest
トム・フーパーTom Hooper
イギリス出身の映画監督 1972年生まれ
主な監督作
レ・ミゼラブル
英国王のスピーチ
リリーのすべて
1981年のロンドンの初演以来、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』が、ダンスシーンの見どころはそのままに、ついに映画化を果たしました。主演を務める英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードをはじめ、世界屈指のダンサーのキャスティングが話題を呼んでいます。過去にミュージカル映画『レ・ミゼラブル』をヒットに導き、自身も舞台『キャッツ』の大ファンだというトム・フーパー監督に、同じく『キャッツ』がきっかけで宝塚を目指した遼河さんが突撃取材しました。
Haruhi:
Musical Cats is the reason I became a musical actress.
舞台の『キャッツ』がきっかけで、ミュージカル俳優を目指しました。
Tom Hooper:
Oh really, wow.
本当ですか。
Haruhi:
I've seen it more than 30 times.
30回以上、『キャッツ』を見ています。
Tom Hooper:
No, come on! Oh my gosh!
本当ですか!すごい!
Haruhi:
I never expected Cats to be made into a movie. Why did you want to make a movie version?
『キャッツ』が映画になるなんて思いもしませんでした。なぜ『キャッツ』を映画化しようと思ったのですか?
Tom Hooper:
Because like you, I am a massive fan of Cats. I was taken when I was eight years old to see it in its first year in London in 1981. I completely fell in love with it. And I made my parents buy the cassette tape of the album, and every car journey, they had to play the music. So I knew all the words by heart, and I would sing along. And it was, yeah, really, one of the first musicals I saw ... maybe even the first musical I saw. And it totally captured my imagination.
あなたと同じように大ファンだったんです。1981年の初演に連れて行かれて、完全に恋に落ちました。そして『キャッツ』のアルバムのカセットテープを買ってもらって、車で移動するたびにかけてもらい、歌詞も全部覚えるくらい一緒に歌っていました。初めて見たミュージカルで、完全に心がひきつけられました。
In fact, I remember at school, we had drama classes, like, once a week, as well as English classes. And for one week, we had to prepare to sing "Memory" to the class. And I still remember having to sing "Memory," and trying to work out how to do it. And when I was directing Jennifer Hudson, part of my brain could remember me performing it. And I'd made sense of it when I was, like, 10 years old, and it's unusual to direct a film where you remember performing it when you were 10.
(子供の頃)学校では英語の授業もありましたが、週に一回、演劇の授業もありました。ある週に「メモリー」を準備しなければならず、どう歌ったらいいか悩んだ覚えがあります。そのことを、ジェニファー・ハドソンを演出しているときに思い出しました。10歳の時に歌ったことを思い出しながら映画を撮影するのは珍しいことですよね。
Haruhi:
What were you most careful about when adapting Cats?
『キャッツ』を映画化するにあたって、一番気をつけたことは何ですか?
Tom Hooper:
I think the most important thing is I wanted to stay true to the musical by having human beings playing cats, rather than it being a cartoon or animation. Because I felt the essence of the show was a dance musical, and I wanted to have some of the greatest dancers in the world, and I wanted to have them dancing live in the film.
舞台の『キャッツ』に忠実にありたくて、人間がネコを演じるという形にこだわりました。マンガやアニメでネコを描くのではなくて、『キャッツ』の本質はダンス・ミュージカルだと思ったので、世界最高峰のダンサーをそろえ、生の踊りを盛り込みたいと思っていました。
So, probably the greatest challenge was what my human cats would look like because I felt that the choice of the Lycra and the leg warmers and the theatrical makeup wouldn't work well in a movie. So, that's why I began to explore using digital fur to ... using digital technology to create costumes and makeup to make them look more like cats than you could with the actual makeup.
一番の課題は、人間が演じるネコをどんな見た目にするかということでした。レッグウォーマーや舞台用のメイクは、映画には合わないと思ったんです。そこで、デジタルで毛皮や衣装、メイクができないかと考えました。メイクよりもネコらしく見えるように。
個性豊かなキャスティングが話題の今作。中でも注目を集めたのが、ミュージカル映画初出演で、楽曲制作にも参加した歌手のテイラー・スウィフトです。作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーと共作した映画版『キャッツ』の新曲は、どのようにして出来上がったのでしょうか。
Tom Hooper:
She was actually the first person I approached to be in the film of Cats. And this was because we'd actually gone through a process of auditions ... a few years before where she wanted to play Éponine in Les Misérables. And I had auditioned Taylor, and she did a really great audition.
実はテイラーは、一番最初に出てみないかと声をかけた人物なんです。数年前、『レ・ミゼラブル』のときにエポニーヌ役でオーディションを受けてくれて、すばらしかったんです。
I knew that Taylor was interested in acting in a musical film. Taylor Swift was around at Andrew's house practicing "Macavity," heard the melody for "Beautiful Ghosts," and instantly, the lyrics — the first verse came to her mind. And over the course of that weekend, she wrote the whole song, and these haunting lyrics arrived in my email from her and I was so moved.
彼女がミュージカルに興味を持っているのは知っていました。テイラーは「マキャヴィティ」という曲の練習でアンドリューの家に来ていたんですが、「ビューティフル・ゴースト」のメロディーを聞いたとたん、一番目の歌詞がテイラーに降りてきたんです。週末に彼女が全ての歌詞を書き上げ、メールで届いたのを目にしたときには、本当に感動しました。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る