今回のゲスト:     ウィリアム・カムクワンバWilliam Kamkwamba  アフリカ マラウイ共和国出身
Eテレ 2019年8月2日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『風をつかまえた少年』
今回のゲスト
guest
ウィリアム・カムクワンバWilliam Kamkwamba
アフリカ マラウイ共和国出身
自家製の風力発電で未来を切り開いた14歳の少年の実話、映画「風をつかまえた少年」の原作者であり、モデルとなったウィリアム・カムクワンバ。2001年、アフリカのマラウイ共和国を大干ばつが襲います。当時14歳だったカムクワンバは、飢きんによる貧困で学費を払えず通学を断念しますが、図書館で一冊の本に出会い、独学で風力発電のできる風車をつくり、乾いた畑に水を引くことを思いつきます。自分の頭脳と手だけを頼りに発電に成功したカムクワンバは、家族と村の人々を救い、大学に進学。2013年にはタイム誌の「世界を変える30人」にも選ばれました。当時の状況や信念についてうかがいます。
Kazuo:
What was it like for you and your family when you had the drought and the floods of 2001 and what happened afterwards?
あなたと家族にとって 2001年の干ばつと洪水はどんなものでしたか?
William Kamkwamba:
It was very difficult with the droughts, and the crop didn't do well. And the result — we didn't harvest enough food, we ran out of food. People, when they would go and come in from the market to buy food sometimes, they were being snubbed by people who also want to get food. Sometimes, people would take food that you were cooking, and they would just run, and just take it and start running with it. They were not even thinking twice — not afraid of being burnt by the fire because the food is hot. People really didn't care.
干ばつは大変厳しいものでした。作物が育たず、十分に収穫できないため、食料が尽きていました。市場から食料を買ってきた人たちは、食料を求める他の人たちから相手にされませんでした。あるときは、料理をしていると、誰かがそれを奪い去ることもありました。熱い食べ物でも、ヤケドの心配すら考えないのです。
The famine broke out throughout the country. That was the same time that I was supposed to start high school, and my parents couldn't afford it. So I was forced to drop out of school. It was a very difficult situation for me and my family at that time.
国全体で飢きんが起きたのは、マラウイの中等学校に通い始めたころで、両親に余裕はなく、私は退学を強いられました。あのころは私や家族にとって、とても苦しい状況でした。
多くの人は今日どのようにすべきか、明日どのようにすればよいかを考えてしまいますが、どうして未来を見据えて行動することができたのでしょうか?
William Kamkwamba:
For me, I was able to see beyond just today, looking forward for the future — one, by deciding to build a windmill. I wasn't just thinking that I was solving the problem immediately, because I was looking at ... what could I use the windmill for? If I could use the windmill to pump water, then I would be able to grow food for the long term. That would be the solution.
風車を作ると決めたことで、私は将来を見据えました。問題をすぐに解決しようとするわけではなく、風車が何に使えるか考えていました。水のくみ上げに風車が使えたら、長期的に作物を育てられる。それは解決策になります。
I had been working on the project for quite some time, and when I started, a lot of people were doubting. They thought that I was going crazy. And finally, when the windmill was working, it was a relief to me that what I was working on wasn't just something useless, but it was something useful.
私は長い間その計画に取り組みましたが、当初は多くの人が私を疑っていました。頭がおかしくなったと思ったのです。最終的に風車が動いたときは安心しました。私が努力したことは無駄ではなく、私は役に立つものを作ったんだと。
I look the same way at people who use this analogy: teach a man how to fish, rather than give a man a fish. So by thinking of just a solution for today, you are kind of just getting a fish for the day, but if you learn how to fish that, then you are thinking for the future.
私はこんな例えを用いる人たちと同じように考えます。「人に魚を与えるのではなく、魚を捕る方法を教える」ということです。今日の解決だけを考えれば、今日一日の魚は手に入ります。だけど魚を捕る方法を学べば、未来を考えていることになります。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る